ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『007 スペクター』のロイヤルプレミアにウィリアム王子&キャサリン妃が御臨席、ダニエル「ボンド役を演じるのは最高に楽しい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
『007 スペクター』のロイヤルプレミアにウィリアム王子&キャサリン妃が御臨席、ダニエル「ボンド役を演じるのは最高に楽しい」

 ダニエル・クレイグ主演の映画『007 スペクター』のロイヤルプレミアが、10月26日18時頃(現地時間)にロンドンにて開催され、英国王室のウィリアム王子とキャサリン妃ご夫妻、さらにヘンリー王子が御臨席された。

『007 スペクター』ロイヤルプレミア写真一覧

 世界最速上映となるこの日、会場のレッドカーペット中央には特設ステージが設けられ、アバンタイトル(オープニング)のメキシコの祝祭「死者の日」に登場する巨大なガイコツのオブジェが。さらにボンドカーのアストンマーティンDB10、ジャガーC-X75もお披露目され、「007」シリーズの主題歌が大音量で流れるなど、シリーズのロイヤルプレミア史上最大規模のイベントとなった。会場には4,000人の招待客のほか朝から並んでいたファンの姿や会場外にも数千人が詰めかけ、レッドカーペット上も世界30以上の国や地域から集まったマスコミで埋め尽くされ、スチール200以上、ムービー150、警備も150人以上体制でダニエルらの登場を待ちわびた。

 そして、黒いタキシードに身を包んだジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグが一番にファンの前に登場。一人ひとりにサインや写真撮影に応じ、沿道のファンからも歓声が飛び交った。ダニエルは、「素晴らしい人々の途方もないハードワークによって、この映画は完成した。だからこそ今夜は特別なんだ。その皆が集まって、自分たちの仕事を祝うことができるんだから。これから重要なのは観客だ。大勢の人がこの映画を観てくれる。とても誇りに思っているよ」とコメント。さらにふたたびジェームズ・ボンドを演じることについて「ボンド役を演じるのは最高に楽しいことだから、このような作品で素晴らしい人々と一緒に仕事ができて光栄だった。キャストも才能ある人々ばかりだし、撮影クルー始めスタッフ一同が(それぞれの分野で)最高だった」と話し、最後に「エキサイティングな映画を作ったと感じているしとても誇りに思っているから、皆さんに観ていただけるのが待ちきれないよ」とこれから観るファンへ向けてメッセージを贈った。

 ボンドガールのレア・セドゥは背中の大きく空いたゴールドのドレスで登場。「出演者は素晴らしい人ばかりでした。そしてもちろん、監督のサム・メンデスは素晴らしかった。私は彼の大ファンなんです。全てが最高でした」とコメントした。もう1人のボンドガール、モニカ・ベルッチも深いスリットの入った、濃緑色のベロアドレスで登場、「007がイギリスの象徴だということは知っていましたが、今まさにそれを実感しています。ダニエル・クレイグは紳士でした。ジェームズ・ボンドとしてではなく、人間としてです」とコメントし、ダニエル・クレイグと3人でのフォトセッションに応じた。

 そして、ウィリアム王子とキャサリン妃が登場。ジェニー・パッカムの淡いブルーのドレス姿で登場したキャサリン妃は、歓声に笑顔で応じ、レッドカーペット上でお二人をお迎えしたダニエルとも握手をされ、最新作の公開を祝福された。イギリスでは世界最速上映となるロイヤルプレミアを経て、同日10月26日より世界最速公開となる。

◎公開情報『007 スペクター』
11月27日(金)、28日(土)、29日(日)先行公開決定
12月4日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほかにて全国ロードショー

関連記事リンク(外部サイト)

アデル 最新作『25』の11/20全世界同時リリース決定、グザヴィエ・ドランが手掛けた「Hello」MVが公開
『007 スペクター』、サム・スミスが歌うラブソングの誕生秘話が明らかに
マット・デイモン主演、映画『オデッセイ』予告編解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。