ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペンタトニックス、アカペラ・グループとして史上初の全米初登場1位獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ペンタトニックスが、10月16日に世界同時発売した初のオリジナル・アルバム「ペンタトニックス」で、ビルボード史上初の“アカペラ・グループ”での全米アルバム・チャート初登場1位獲得という歴史的快挙を達成した。

昨年リリースしたクリスマス・アルバム「ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー」は全米で120万枚の大ヒットを記録し、全米アルバム・チャート2位を獲得したが、今作で自身の記録を塗り替え、“カバー作品”ではなく“オリジナル作品”で、そして“トラックなしのヴォーカル(声)のみの楽曲”での記録として、彼らのキャリアにおいても、そして音楽業界全体においても、最大級の偉業達成となった。

今回、ペンタトニックスと同日発売であったアメリカの女性シンガー・デミ・ロヴァート(映画「アナと雪の女王」のエンドソング「レット・イット・ゴー」を歌唱)の最新アルバムとの大接戦が繰り広げられ、1位獲得に向けて多くのプロモーションをこなすなど大奮闘の一週間を過ごしてきたペンタトニックスのメンバー。

チャート発表前のインタビューで、ヴォーカル・ベースのアヴィは「デミ・ロヴァートと、そしてそのレベルのアーティストと競えるということだけで、本当に光栄に思っているよ。最終的にどちらが1位に輝いたとしても、僕らもハッピーだし、彼女もきっとハッピーでいてくれて、お互いを称賛し合うはずだよ。」「このNo.1獲得が実現できたら、間違いなくこれまでの僕らのキャリアの中で、最大の偉業となるはず。僕らはこれまでアカペラ・グループということで、“負け犬”の存在として戦ってきた。アカペラ・グループが成し遂げる間違いなく大きな歴史的瞬間になるはずで、本当に、本当に、本当に、この1位が欲しいんだ。だから出来る限りのことをやってきた。」と、素直な胸の内をコメントした。

また、クインシー・ジョーンズ、バックストリート・ボーイズ、ハンソン、サラ・バレリス、エレン・デジェネレスなど数々の著名人が、ペンタトニックスのアルバム発売を記念した応援コメントを、ツイッターなどのSNSを通じて投稿していたことからも、現在のペンタトニックスの勢いと、人気、実力が図り知れる。

また、今作は、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、日本を含む44カ国でTOP10内を獲得し、世界中で大ヒットを記録している。

ここ日本でも同アルバムは10月16日付オリコン・アルバムデイリーランキング総合1位、10月26日付オリコン週間洋楽アルバムランキング3位と好調なセールスを記録。また、メンバーによって作詞作曲された今作からのリード・シングル「キャント・スリープ・ラブ」の日本版ミュージック・ビデオ「キャント・スリープ・ラブfeat.渡辺直美」も話題になっており、現在もYouTubeにて公開されている。

プロモーション来日も迫る中、11月11日には、今作「ペンタトニックス」の初回生産限定盤に付いているDVD「オン・マイ・ウェイ・ホーム」の単独商品と、昨年大ヒットしたクリスマス・アルバムに新曲5曲を加えた2015年版クリスマス・アルバム「ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー(ジャパン・デラックス・エディション)」の2タイトルの発売も決定した。

リリース情報

アルバム「ペンタトニックス」発売中
通常盤(日本盤ボーナス・トラック収録)SICP-4574 2,200円+税
初回生産限定盤:(日本盤ボーナス・トラック収録+DVD「オン・マイ・ウェイ・ホーム」ドキュメンタリー(90分)+特典映像)SICP-4573〜4 5,000円+税

クリスマス・アルバム「ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー(ジャパン・デラックス・エディション)」
※2014年版に新曲5曲追加
2015年11⽉11⽇(⾦)発売
SICP-4619 2400円+税

ドキュメンタリーDVD「オン・マイ・ウェイ・ホーム」
2015年11月11日発売
SIBP-265 3,800円+税
⻑編ドキュメンタリー映画「オン・マイ・ウェイ・ホーム」90 分+特典映像25分
※日本語字幕付

関連リンク

ペンタトニックス 海外公式ウェブサイトwww.ptxofficial.com
ペンタトニックス レーベルサイトwww.sonymusic.co.jp/ptx
ペンタトニックス 公式YouTubeチャンネル「PTXofficial」www.youtube.com/PTXofficial

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP