ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本のモノ、コト、ヒトを応援する「BEAMS TEAM JAPAN」が始動!新宿のビームス ジャパンをリニューアル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BEAMS (ビームス)が2016年4月より日本のモノ、コト、ヒトをキュレーションするプロジェクト「BEAMS TEAM JAPAN」をスタートし、「BEAMS TEAM JAPAN」プロジェクトの発信拠点として新宿の「ビームス ジャパン」をリニューアルオープンすることが発表されました。

 

2016年に40周年を迎えるビームス

「BEAMS TEAM JAPAN」とは

2016年に40周年を迎えるビームスが、セレクトショップとして長きに渡り培ってきた選択眼を活かし、ビームスを取り巻くコミュニティとともに、日本の名品や文化を編集して紹介する「BEAMS TEAM JAPAN」プロジェクト。総合アドバイザーとして放送作家・脚本家の小山薫堂氏を起用されることも発表されました。

以下詳細はプレスリリースより

ビームスはこれまで、ファッションのみならずアートやカルチャー、音楽や飲食など、生活にまつわるカテゴリーにおいて、独自の視点から提案をしてきました。また、デザイナーやアーティスト、異業種の企業や地方自治体との取り組みでは、新しいアイディアを加えることで驚きと新鮮さを感じられるモノやコトを世に届けてきました。「ビームス チーム ジャパン」は、これまでの姿勢はそのままに、日本のモノ、コト、ヒトをキュレーションするプロジェクトです。発信拠点の「ビームス ジャパン」には、地下1階、地上5階の各フロアに、ファッション、雑貨、アート、サブカルチャー、名品や地方特産物、飲食といった多彩なコンテンツが並びます。ビームスは本プロジェクトを通じて、日本のブランディングを目指します。

引用:BEAMSプレスリリースより

 

公開されたBEAMS TEAM JAPANのティザーサイトではビームス代表の設楽洋氏と小山薫堂氏がBEAMS TEAM JAPANプロジェクトについて語られている様子もBEAMSBROADCASTにて公開されていますのであわせてご覧ください。


「BEAMS TEAM JAPAN」の「和えるセンス」によって生み出される“伝統と革新”の融合がどんな形で展開されるのか注目です!

 

BEAMS JAPAN(ビームス ジャパン)店舗概要

2016年4月 リニューアルオープン

住所:〒160-0022 東京都新宿区北新宿3-32-6

http://www.beams.co.jp/beamsjapan

 

小山薫堂氏プロフィール

放送作家、脚本家。「ビームス チーム ジャパン」プロジェクト総合アドバイザー。
1964年6月23日 熊本県天草市生まれ。日本大学芸術学部放送学科在学中に「11PM」で放送作家デビュー。その後、伝説の深夜番組「カノッサの屈辱」でその名を世間に広め、「進め!電波少年」や「料理の鉄人」など、数多くのヒット番組の企画・構成に携わる。2009年、脚本を手掛けた映画『おくりびと』で米国アカデミー賞の外国語映画賞を受賞。日本映画初の快挙を成し遂げる。エッセイ等の著作多数。執筆活動のほか、企画プロデュースやアドバイザーの仕事も数多く行っている。「くまモン」の生みの親でもある。

引用:BEAMSプレスリリースより

 

 

 

趣通信の公式インスタグラムが出来ました♪

10月より趣通信の公式インスタグラムを開始させて頂きました。公式アカウントでは趣通信の最新情報に加え、「#趣着物」をつけて投稿頂いた皆さまの着物コーディネートや帯結び、ヘアアレンジ、着物&和柄ネイルアートなど普段から着物などを楽しまれている皆さまのご様子を公式インスタグラムでもご紹介させて頂きます!

ぜひ趣通信の公式インンスタグラムをコチラよりフォローして頂けたら嬉しいです!

 

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
趣通信の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP