ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カーナビが浮かび上がってくる!?どんな車も“未来の車”に変身させるアイテムとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

車を運転中、目の前にナビゲーションや速度メーターが浮かびあがって見える。

そんな未来感あふれるHUD(ヘッドアップディスプレイ)を、今乗っている車にも簡単に追加できるらしい。

必要なのは、スマートフォンとアプリ、そしてほんの49ドル(約6000円)の「HUDWAY Glass」と言うアイテムだ。

・ごくシンプル、だからリーズナブル

「HUDWAY Glass」の構造は、とてもシンプル。要は、クレードル部分が本体なのだ。

ダッシュボードに固定してスマホを乗せれば、アクリル製のディスプレイにその画面が写りこみ、HUDの完成だ。

HUDの向こうは透過して見えるため、ナビ画面やメーターへ視線を移さなくても情報を把握でき、安全性も高まるだろう。

ちなみに、クレードル部分はスマホを乗せるだけなのだが、斜めにしても勢いよく振っても外れることはなく、急ブレーキをかけても安全とのこと。

自動車用のHUDはいくつか製品化されているが、それらの価格は5~6万円。情報処理部分をスマホに頼ることで、「HUDWAY Glass」はかなりお手軽なアイテムになった。

・機能はアプリで提供

実はこれ、すでに公開されているスマホ用のカーナビARアプリ「HUDWAY」のオプションともいえる製品。

GPSナビなどの機能を提供し、日本でも利用できる。機能制限はあるが、無料でダウンロードが可能だ。

このほか、制限速度オーバーを通知する「Speedometer」、オフラインで地図とHUDモードを提供する「Sygic」や「Navmii」などを利用できるようだ。

「HUDWAY Glass」は現在、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で出資を募っている。

すでに目標額は達成しており、出資期限は11月7日まで。

HUDWAY Glass

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP