ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スナックで働き育ててくれた母親を傷つけた娘 後悔を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 親の心子知らずというが、同じ立場になってみないと、本当の親のありがたみはわからないものなのかもしれない。39才のOLは子供のころ、必死に育ててくれていた母親を傷つけてしまった。その時の体験を振り返る。

 * * *
 私が6才の頃、母が離婚しました。父は酒癖が悪く、よく暴力をふるっていたので、いなくなって、ホッとしたのを覚えています。

 1DKの狭い家で、母と2つ下の弟の家族3人、仲よく暮らしていました。ところが私が中学1年生になった頃、母は昼の仕事に加えて、夜、スナックでも働き始めたのです。内心、私は嫌でした。母は夕ご飯を作ってから出かけるので不便はなかったのですが、寂しかったのです。それに、朝、酒やたばこのにおいをさせて帰ってくる母を見ていると、乱暴だった父を思い出してしまうのも嫌でした。

 そんなある日、「あなたのお母さん、水商売をしてるんだってね。いやらしい」とクラスメートに言われました。恥ずかしさと悔しさで、その日の夜、母の仕事をしている様子を見ようと、スナックに行きました。

 外で隠れていると店のドアが開き、母が男性と出てきました。そして抱き合うのを見てしまったのです。私は驚いて、走って帰りました。クラスメートの言うように、母はいやらしい仕事をしていたんだと、悲しみと怒りを感じました。

 翌朝、母にあいさつもせずに学校に行こうとすると、「朝ご飯くらい、食べて行きなさい」と母が私の肩を触りました。私は思わずその手を払いのけ、「触らないで、汚らわしい!」と怒鳴って、家を飛び出しました。学校から帰ると、母と抱き合っていた男性がいました。

「お母さんは、きみたちが大学に行けるよう、飲めないお酒まで飲んで、一生懸命に働いているんだ」

 私の言葉が母を傷つけたのだとわかりましたが、見知らぬ男性に言われても、素直に謝る気にはなりません。ふてくされていると、母が「スナックを辞めて、ほかの仕事を探す。この人とも、もう会わないから」と言いました。この男性と母はつきあっていたのです。

 仕事で誰とでも抱き合うのかと思っていたのは勘違いで、その男性も父と違い、実直な人でした。その後、母はスナックを辞め、男性は私の父になりました。今は、ここまで育ててくれた母を誇らしく思い、感謝しています。  

※女性セブン2015年11月5日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
坂本美雨 4匹の猫看取った母・矢野顕子は「生きる力強い人」
バブル母 家族社割目当てアパレル企業に娘の履歴書勝手に送る
初訪問のスナックで居心地良く過ごす方法を玉袋筋太郎伝授

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP