ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

評論家・呉智英氏でさえ誤用した「治外法権」「牽制」の意味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 評論家・呉智英氏といえば、博識で鋭い論を展開することで知られるが、そんな同氏であっても言葉の誤用はあったという。一体どんな言葉をいかに誤用していたのか。呉氏が敢えて自身の過去を振り返る。

 * * *
 言葉は変化する。時代によって、また、地域や年代や階層によって。古語と現代語は同じではないし、方言は土地ごとに様々だし、流行語は生まれては消えを繰り返す。そうであれば、言葉の正誤などないように思える。そう主張する人もいる。

 しかし、それはあまりにも雑駁な意見だ。言葉には、雅俗の別もあるし、適不適の別もある。学術用語や専門用語などは、正しく使わなければ真当な議論もできない。論理や思想に関わる言葉は正しくなければ、内容が保証されないのだ。

 と言ってみたものの、私自身、誤って使っていた言葉もある。自らの恥を公表することで言論界に警鐘を鳴らしてみようか。

 まず「牽制」。

〈プーチン大統領は軍事演習を敢行してEU諸国を牽制した。〉

 新聞やテレビのニュースでよく見る表現だ。しかし、これは「威嚇」であって「牽制」ではない。「牽」は「牽引」の「牽」。牛を(牛が)引くことである。従って、「牽制」は、自分の方に引きつけて相手を制することを言う。

 野球でピッチャーがランナーに牽制球を投げるのは、ピッチャーが自分の方にランナーの注意を引きつけて動きを制するのだから、これは正用である。野球解説者の方が政治解説者より正しい言葉を使っているのも、なんだかなぁである。

 私は、次のように間違って使っていた。

〈三権分立は立法・行政・司法が相互に牽制し合う制度である。〉

 ここは「相互に掣肘」か「相互に監視」が正しい。それでもあえて言い訳すれば、三権がそれぞれ自分の方に注意を向けさせていると取れば、なんとか意味は通らないでもない。

 しかし、言い訳できない誤用もしていた。「治外法権」である。

〈ここではどんな危ない発言もOKです。ここは治外法権みたいなものですから。〉

 何かの討論会の司会で、こんなことを言った記憶がある。これが完全な誤用であった。優れた法哲学者である長尾龍一の著作でそれを知り、自分の無知に冷汗が流れた。

 私は「治外法権」を国家権力の統治が及ばない状態というような意味で使っていた。これは、一九七〇年前後の学生叛乱の時代、「大学は治外法権状態になった」というような新聞記事をよく目にしたからである。しかし、それは「無政府状態」「騒乱状態」であって「治外法権状態」ではない。

 長尾龍一は「治外法権」という訳語が誤解を生じさせやすいのだ、と言う。

 原語は、英語ならextraterritoriality「外の・領地権」である。日本はかつて上海に租借地を持っていた。ここは外国ではあるが、日本の「法権」下にあり、支那の法律は適用されない。これが治外法権なのである。むしろ「外地法権」とでも訳すべきであった。

 先日も某全国紙の論説委員が誤用していた。情ないなあ。俺はまだましだ。「過ちては改むるに憚ることなかれ」と論語にはある。ほんの一歩でも先に改めているのだから。

※SAPIO2015年11月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
尾木ママが野田首相に提言 「おネエ口調で話せば話伝わる」
「至上命題」「論理」 誤用が多い日本語を小谷野敦氏が解説
わざわざ難しい言葉を得意げに誤用する似非インテリの日本語

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP