ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

睡眠薬はダイエットに使ってはダメ! 適切な使用方法体験記

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本は不眠に悩む人が多いのに「睡眠薬は怖い」というイメージが広がり、睡眠薬の使用率は男性3.5%、女性5.4%と低い。実際に睡眠薬を飲んだらどうなのか? 本誌50代のオバ記者による、“自己流”睡眠薬体験記をご紹介。(文・野原広子)

 * * *
 女優マリリン・モンローの死の床にも、大量の睡眠薬が転がっていたというではないか。手を出したらオシマイ。薬なしにはいられない体になる。これが昭和32年生まれの記者が長い間、睡眠薬に対して抱いてきたイメージだ。

 でもそれも、ハーブ茶さえ飲めば気持ちよく眠りに落ちることができた40代半ばまでのこと。50才を目前にした頃から、夜中に、4~5回、尿意を覚えて目が覚めるようになった。7回という日もあった。眠い。でも眠れない。朝方うとうとするが、寝た気がしない。こんな状態が半月ほど続いたら、頭痛までしてきた。睡眠が足りてないせいか、血圧を測ったら165/90もある。

「どうにかなりませんか」

 かかりつけの内科病院の女医さんに訴えたら、『リスミー』という薬を処方してくれた。それが私の睡眠薬初体験だ。

 睡眠薬の威力は想像以上だった。1錠のんだらズドンと眠りに落ちて、7時間ぶっ通しで寝た。気持ちよく起きて、鼻歌まじりに朝ご飯を食べた。するとまた眠くなって、さらに2時間寝た。それでも体の奥に「睡魔」のカケラが残っている気がする。薬が効きすぎたか……。

 再び医師に相談すると、「では、こちらを」と『レンドルミン』という薬を処方してくれた。今度もぐっすり眠れたが、翌日、微妙に体が重い。もしや1錠では多いのか。半分にしてのんだらどうか。試してみたら調子がいい。私は医師には相談せず、小さな錠剤をパキンと割ってのむことを習慣にしていった。

 睡眠薬に慣れ始めた私は、薬というものをナメていたのだと思う。睡眠薬をのめば、いくらお腹が空いていても眠れるようになった私は、いい気になってこう考えた。「しめた、これならダイエットにもなる」。それからは“空腹時の半錠服用”が常態化していった。その1か月後のことだった。

 その日も、夕飯を抜いて8時頃、空っ腹にレンドルミンをのんで寝た。翌朝8時過ぎ、ぼんやりと目が覚めた。朝食後に1時間ほど二度寝をして再び目が覚めたときに、異変が起きた。

 眠くはないが、体中がどんよりしている。誰にも会いたくない。気がつくとその日、大事な約束をしていた相手からの電話に出て、「行けない」と断っていた。体の歯車がゆっくりとかみ合いだしたのは、午後4時を過ぎてからだ。

 あのとき、私の体の中で何が起きていたのだろうか? 久留米大学医学部・神経精神医学講座教授の内村直尚さんに聞いた。

「まず、アルコール摂取後2~3時間内に睡眠薬をのむことは厳禁で、意識が混濁するなど副作用が出ます。また、ダイエット目的で睡眠薬をのむのも、とんでもないことです。睡眠薬の副作用である過食や健忘を引き起こすことがあります。冷蔵庫の中のものを食べ漁ったのにそれを覚えていない、といったことが起こったりします。

 それに半錠のんだりするのもよくない。効き目が半分になるどころか、逆に意識障害を起こしたり、うつ状態になることもあります」

 副作用、意識障害。強烈な言葉が耳を刺す。しかし、それらは睡眠薬そのものに害があるわけではない。医師の処方に従わず、自分勝手な判断で薬をのんでしまったことにこそ原因がある、と内村さんは言う。

「巷間、“睡眠薬はコワい”というイメージもあるようですが、睡眠薬の副作用で認知症になったり、ボケを引き起こすことはありません。専門医に相談して十数種類ある睡眠薬の中から、不眠の症状に最も適した薬を選んでもらい、用法用量をきちんと守ってのんで、寝る。それに尽きます」(内村さん)

 なるほど。素人考えで、近道を探すオバさん根性は戒めなければ。そう強く思った睡眠薬体験だった。

※女性セブン2015年11月5日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
堀江氏赤ちゃん睡眠薬言及「そこを議論したかったのではない」
不眠が与える脳ダメージ大きい 睡眠薬飲んだ方がいいと医師
眠れないとき無理に寝ようとするのは逆効果 睡眠薬服用も推奨

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP