ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「REMI」で子どもの眠りをモニター&サポート!かわいくて多機能な“ベッドのお友だち”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもの成長において、睡眠は非常に重要な役割を占める。よい眠りをキープしたい、そんな悩める親に嬉しい機能が満載の「REMI」を今回は紹介しよう。

・子どもの眠りをモニター

「REMI」は子どもの眠りのパターンを追跡して学習し、親のモバイル端末にアラートを送ってくれるなど、“子どもの眠りの友”ともいえるツール。子どもの就寝や起床をサポートしてくれ、それぞれの子どもに合わせてカスタマイズ設定ができるのが魅力。

「REMI」本体と、タブレットやスマートフォンはBluetoothで接続し、専用のアプリから各種設定やコントロールが可能だ。

・アプリを使って、本体のさまざまなコントロールが可能

子どもは寝て欲しい時間に、必ずしも寝てくれないもの。子どもの就寝時間がきたら、親はアプリを使って「REMI」本体を操作し、アラートを表示させる。例えば、ライトの点滅だったり、音楽だったり。

また、カラーチェンジもでき、“ブルーに点灯したときは、寝る時間”というように決めておけば、子どもに一目で分からせることが可能だ。これなら、親にガミガミ言われるより、子どももずっと楽しいはず。

・子守唄を流したり、音モニターツールとしても

さらに、音を流すこともできるので、本体の音声ライブラリから選択したり、赤ちゃんが好きな曲をダウンロードして流したり、あるいは、親の歌声を録音して再生したり……なんてこともできるので、子守唄代わりにして、赤ちゃんを優しく眠りにいざなってくれる。

親は手元のスマートフォンから、「REMI」本体を通じて子どもに話しかけられるほか、眠っている子どもの音をキャッチするモニターツールとして使用することもできるので、何かあったときには、すぐ異常を察して駆けつけられる。アプリから、音感知センサーの感度設定は自由に調整できる。

「REMI」は、子どもの眠りを随時追跡し、睡眠状況のデータを集積。どの時間に1番よく眠っているのか、何時に目を覚ましているのかなど、ビジュアル化してわかりやすく提示してくれる。

これらの眠りの状況は、友だちとFacebookでシェアすることもでき、他の親子はどうしているのか参考にしたり、子どもの成長記録をみんなでシェアして、大切な思い出として残せるだろう。

「REMI」は現在、クラウドファンディングIndiegogoで出資受付中。

REMI

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP