ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10月29日より、OCN モバイル ONEも自宅でMNPが可能に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

mineoのケイ・オプティコムをはじめ、UQ mobile、トーンモバイル、そしてIIJなど、数多くのMVNO事業者が導入しているウェブサイトを利用してのナンバーポタビリティサービス(以下、MNP)。このサービスにNTTコミュニケーションズも29日配送分より始めることを発表しました。
今回、NTTコミュニケーションズがOCN モバイル ONEで新たにスタートさせる「らくらくナンバーポータビリティ」は、MNPによる「音声対応SIMカード」申し込み時における不通期間をなくすというものです。

OCN モバイル ONEでは、MNP申し込みは利用申込時に行い、開通手続きが行われた状態でSIMカードが到着します。そのため、2日から1週間程度の期間、通信・通話ができません。しかし、今後はSIMカードが到着した任意のタイミングで開通手続きを行うことができるようになります。

本サービスは10月29日配送分より適用する予定です。MNPでの手続きがネックに感じていた層にも十分なアプローチといえるでしょう。

さらに、もうひとつサービスが加わりました。音声対応SIMカードを利用するには本人確認書類が必要となります。従来、ウェブサイトでの申し込み時、本人確認書類をユーザ自身が撮影し画像をウェブサイトにアップロードすることで本人確認が行われていました。

今回、新たに導入されたのが、SIMカード配送時、配送員へ本人書類を提示して確認をとる方法です。本人確認書類として利用可能なものは、「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「年金手帳」「外国人登録証」で、サービスの提供開始はこちらも10月29日申込分からとのこと。

MVNOの弱点はサポートサービスや手続き面とされてきましたが、今年に入り、各MVNOがその弱点を次々と解消しています。総務省の発表によると、スマホ・ケータイを利用しているユーザ全体のうち、MVNOの市場シェアは2.1%にすぎませんが、サービス・サポートの充実が加速すれば、利用者数拡大にもつながっていくといえます。

 

(文:SIM通編集部)
 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP