ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ぜんそく症状に備える!肺機能を“医療機関並みの正確さ”で計測するポケットサイズツール

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Wing

スマートテクノロジーを搭載したさまざまなツールが登場しているが、特に健康や医療をサポートするガジェットも、このところ目立つようになってきている。

・ぜんそく症状を管理するスマートツール

今回紹介する「Wing」は、スマートセンサーと専用アプリを連動させて肺機能を追跡し、ぜんそく症状を管理するツール。しかも医療機関並みの正確さだという。

オートでデータを随時追跡し、分析結果をユーザーにお知らせしたり、肺機能が良くない状態にあることをいち早くキャッチする。

Wing3

集積されたデータは、かかりつけ医に送ってシェアすることができ、患者ごとに違う傾向や症状に合わせた治療プランを、素早く実行できるようになるだろう。

・データをビジュアル化して見やすく表示

ユーザーは、ポケットサイズのセンサーツールに息を吹き込むと、センサーが、American Thoracic Society(ATS)基準を満たす精度で、1秒量(FEV1.0、1秒間に肺活量のうち、どのくらいを吐き出すことができるか示した値)やピーク値を計測する。

観測された兆候、投薬、発作といった追跡データは、ビジュアル化して見やすく表示され、状態が一目でわかるよう、安全度を“緑”“黄色”“赤”で提示。

Wing2

花粉、湿度など環境の誘引要因を、ユーザーの現在地に応じてチェック、アラートをセットしたり、服薬のリマインダー機能などもあって便利。

・医療チームとのデータのシェアも楽々

データはクラウド上に保管され、多数のユーザーで1つのアカウントをシェアすることができ、要約レポートをかかりつけ医に送って、医療チームでシェアすることも容易だ。

ぜんそく患者、気管支や肺が良くない患者のほか、アスリートや歌手にとっても、このツールは大きな助けとなってくれるかもしれない。

・Indiegogoで出資を受付中

「Wing」はただ今、クラウドファンディングIndiegogoで出資を受付中で、開催期間は残り25日ほどだ。

Wing

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。