ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ツイッターの本音 ~女子力病~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『女子力病』とは「女子力」を意識し過ぎる病気のこと。これにかかると、日常生活やSNSでの女子力アピールが過剰になり、モテるどころかむしろ男性を遠ざけてしまうのだという。『女子力病』の実態について調査してみた。

残り一口でお腹いっぱいになる 通称なんちゃって女子力病が再発しています

「もう食べられな~い」という、定番の女子力アピール。残り一口まではしっかり食べるのがポイント。

体は生姜でできている(女子力病感)

女子はとにかく生姜が好きらしい。確かに、体を温めたり新陳代謝を促進したりと、生姜のパワーは注目に値する。ただし、生姜を長時間加熱した時に生まれる辛み成分ジンゲロンは、過剰に摂取すると副作用があるので要注意。ジンゲロンによる胸焼けや腹痛は『女子力病』の症状の一つと言えるだろう。

元カノが「パンケーキがー」「あのね、新しくできた○○がー」しか言わないので恐らく末期の女子力病だと思われ
御愁傷様です…

『女子力病』をこじらせると、女子力の高い話題しか話せなくなってしまうらしい。政治や経済について議論したい時はどうするのだろうか。

もー女子力高まりすぎて情緒不安定過ぎて困らせてるのになんでも許してくれるから辛い。この女子力病どーにかしてくれ! あたしこの調子だと将来確実に更年期クソババア(友人命名)になるわ辛い!!(´._.`)

『女子力病』は長年抱え続けると、将来もっと恐ろしい病に発展してしまうという。早めの対処が必要だ。

そっか…男がなるのが厨ニ病で、女がなるのが女子力病か…。年齢弁えない分、女の方がやっかいだな…。

いやいや、女性でも厨ニ病にかかる人はたくさんいる。ただ、恐らく『女子力病』と厨ニ病に同時にかかるという人はいないだろう。方向性が百八十度違う。

任意の言葉を選んでそのあとに「力」とか「病」とか「女子」とかつけるだけで今週の週刊誌の見出し用の新語を作成できるよ!「女子力病」とか

そう言われてみると、途端に沸き立つオールスター感。やたら豪華なものに見えてくる。

本来は「魅力」であったはずの女子力だが、とらわれ過ぎると「イタい女」になってしまうようだ。何事もほどほどが一番。「自然さ」も女子力の一要素と考えて、過剰なアピールは控えるようにしよう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。