ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【愛媛最新レポ】 しまなみ海道でサイクリスト向け「おもてなし」サービス続々

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

02しまなみ島走レスキュー
“サイクリングの聖地”といわれる「瀬戸内しまなみ海道」がある今治市。国内だけでなく海外から走りに来る人も多く、サイクリストのためのさまざまな「おもてなし」が続々と登場し、好評を得ている。
まず、「しまなみ島走レスキュー」は、地元有志が自転車の修理・調整、タクシーによる搬送など自転車に関するトラブルに対応するサービス。レスキューポイントは、自転車店やカフェなど12か所あり、パンク修理やチューブ交換などが可能(料金は別途必要)。その他、タクシーのトランク部分に自転車をそのまま積めるキャリーを設置した「レスキュータクシー」も運行中だ。

「しまなみサイクルオアシス」は、地元住民が無料で空気入れの貸し出し、給水、休憩所、トイレ、インフォメーションなどのサービスを行う拠点。今治市など45か所設置されている。2014年10月からは、コンビニエンスストアでも同様のサービスが受けられる「コンビニサイクルオアシス」も開設された。
03しまなみサイクルオアシス
また、しまなみサイクリングの拠点「サンライズ糸山」が、有料で「しまなみサイクルセーバー」を実施している。自転車のトラブルがあった際、出張修理に来てくれる。出張エリアは、大島、伯方島、大三島で、土日祝のみ。
_DSC7706
さらに、「しまなみ自転車旅の宿」では、自転車の安全な保管、自転車の荷受け、発送の取次に対応するほか、自転車のメンテナンススペースや洗浄施設などを設置。宿のほとんどで、自転車を解体せずに部屋に持ち込めるか、駐輪場がある。現在44施設が登録されている。
01ブルーラインイメージ画像

いよ観ネットhttp://www.iyokannet.jp/しまなみ海道 サイクリングhttp://www.oideya.gr.jp/shimanami_cycling/
(Written by Aki Shikama)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
兵庫・西宮名物「マンボウトンネル」って?
【ヨーロッパ旅最前線】 フランス・パリに学ぶ「レンタル自転車」システム
【えひめ最新レポ】 四国唯一の「鉄道ミュージアム」がマニアックに楽しい

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。