ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハロウィンは江戸時代にタイムスリップしてみる?太秦江戸酒場 琳派の秋が京都で開催!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京都府京都市の東映太秦映画村で10月31日~11月1日の二日間、「太秦江戸酒場 琳派の秋」が開催されます。太秦江戸酒場、名前の通りそこは大きな酒場です。江戸風情の街に並ぶ暖簾をくぐると、そこには伝統文化の後継者の方や、世界で活躍する伝統工芸の職人の方、時代劇の役者さんなど、本物の京都人が…!今週末に開催される「太秦江戸酒場 琳派の秋」をご紹介させて頂きます。

 

まるで江戸時代にタイムスリップしたような世界がそこに

「太秦江戸酒場 琳派の秋」では、今年で400年を迎える「琳派」と太秦ならではの「時代劇」をテーマに、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのように侍や町娘が行き交う舞台の中、美味しい京都の日本酒の飲み比べたり、名店のお食事を心行くまで楽しむことができます。

 

多くの蔵元の作り手と語らいながら味わうことが出来る

場内各所に出現する呑み処では佐々木酒造「聚楽第」、羽田酒造「初日の出」、松井酒造「神蔵」、松本酒造「桃の滴」、玉乃光酒造「玉乃光」、月桂冠「月桂冠」、増田徳兵衞商店「月の桂」など多数の蔵元が来場し、実際に日本酒の作り手と直接語らいながら味わうことができます。

 

さらに、時代劇の登場人物のひとりとして浪人と酒を酌み交わす「浪人BAR」や、近藤勇・土方歳三・沖田総司ら新選組隊士と酒を飲んで倒幕派浪人の討伐に立ち会える「新選組BAR」、花魁と髪結師の恋物語をテーマにした「奇想の現代遊郭&花魁BAR」など、江戸時代を演出した酒処も多数用意されています。それぞれ東映役者陣が参加されているため、本格的な雰囲気の中で日本酒を味わうことができそうです!

 

京都の名店のお料理を気軽な屋台スタイルで

フードゾーンでは、京都の名店のお料理を気軽な屋台スタイルで、そぞろ歩きをしながら楽しむことができます。東福寺や泉涌寺、智積院など東山の数々の寺院御用達の「京料理 沖よし」や、室町期創業と伝えられる「中村楼」、京都の祭の名物料理、鯖寿司が自慢の「いづう」、京料理や懐石料理に欠かせない京湯葉の老舗「京湯葉 千丸屋」、京都和食シーンの超新星との呼び声も高い「じき 宮ざわ」など、京都の名料理店が軒を連ねます。

 

京都を代表するアーティストや伝統工芸の職人たちによるワークショップも開催

そのほか、「職人処」と題して京都を代表するアーティストや伝統工芸の職人たちによる様々なワークショップも期間中開催されます。琳派の画法を体験できる「琳派月見宴の間」や、伝統の婚礼の装いと儀式を着付師と職人・アーティストで現代に再現する「江戸時代の花嫁道中」、江戸時代の隠切支丹を現代の職人に学ぶ「隠切支丹の間」など、多彩なテーマで行われます。

 

 

開催時間は18時から21時までとなっており、料金は先払い制(申込先着順)で、各日5,000円(入場料のみ)。チケットは太秦江戸酒場 琳派の秋オフィシャルサイトから購入することができます。また和装レンタルサービスも用意されているので、イベント初日はハロウィンの日でもありますが、伝統文化の趣と着物でそぞろ歩く楽しさをぜひ満喫してみてはいかがでしょうか。

 

太秦江戸酒場 琳派の秋イベント概要

期間:2015年10月31日〜11月1日
会場:東映太秦映画村
住所:〒616-8586 京都市右京区太秦東蜂岡町10
電話:0570-064349(ナビダイヤル)

太秦江戸酒場 琳派の秋オフィシャルサイト

JR花園駅 徒歩13分 タクシー5分
嵐電太秦広隆寺駅 徒歩5分
地下鉄太秦天神川駅 徒歩12分 タクシー5分
市バス75系統 太秦映画村道 徒歩5分 / 11系統 太秦広隆寺前 徒歩5分
京都バス72・73・75系統 太秦広隆寺前 徒歩5分
63・64・65系統 太秦映画村前すぐ
84系統 常盤仲之町 徒歩5分

アクセスの詳細はコチラよりご覧ください。

 

写真出典元:太秦江戸酒場公式Facebookページ

 

趣通信の公式インスタグラムが出来ました♪

10月より趣通信の公式インスタグラムを開始させて頂きました。公式アカウントでは趣通信の最新情報に加え、「#趣着物」をつけて投稿頂いた皆さまの着物コーディネートや帯結び、ヘアアレンジ、着物&和柄ネイルアートなど普段から着物などを楽しまれている皆さまのご様子を公式インスタグラムでもご紹介させて頂きます!

ぜひ趣通信の公式インンスタグラムをコチラよりフォローして頂けたら嬉しいです!

 

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
趣通信の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP