ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東大野球部の好勝負連発支える2人の投手と谷沢健一氏の指導

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京六大学野球のお荷物として語られることの多かった東大に異変が起きている。「野球エリート」ばかり集まる他の5大学に一歩も退かず、好勝負を連発しているのだ。東大野球部に何が起きているのか。
 
 惨敗に次ぐ惨敗で黒星を積み上げていた頃がウソのようだ。今年5月に連敗記録を94で止めて以来、東大は神宮球場を沸かせ続けている。

 9月19日に行なわれた対法大1回戦は5-2で勝利。東大は2点を追う3回に3点を奪って逆転、4回には先発した宮台康平(2年)が2死二、三塁から自らタイムリーを放って突き放し、宮台、柴田叡宙(2年)の継投で5回以降を1安打に抑えて快勝した。

「翌20日は連勝を目指したのですが、4点を取りながら逆転負けを喫し、決勝の3回戦では10-1で大敗。13年ぶりとなる勝ち点獲得は惜しくも逃しました。しかし、東大は着実に力をつけてきていると見られています」(スポーツ紙アマチュア担当記者)

 東大といえば「万年最下位」のイメージが強い。1925(大正14)年の六大学リーグ創設以来のメンバーながら、優勝回数は未だゼロ。最下位を抜け出したのは1997年秋が最後で、現在は36シーズン連続最下位のワースト記録を更新中だ。

 そこから這い上がろうとしているいまの東大を支えているのは、東京六大学秋季リーグの投手部門で防御率トップ(0.86。10月22日現在)に立つ宮台と、3年生の右のエース・山本俊の両輪だ。

「宮台は140キロ台のストレートを投げる左腕で、チェンジアップを織り交ぜ、シンカーを決め球にした投球をする。このシンカーの制球力が素晴らしい。神奈川県屈指の進学校・湘南のエースで、3年の春には県大会で8強入りした実績もあります。スタミナに不安があるため連投はできず、100球をめどに降板するのですが、これが奏功して相手もなかなか攻略できていない。防御率の良さもそんな理由があるからでしょう。

 一方の山本は東大史上最速の150キロを投げる本格右腕。コントロールは良くないが、速さだけなら文句なしに六大学でもトップクラスです」(同前)

 投手力だけではない。2010年秋から特別コーチに就任した、元中日の中心打者・谷沢健一氏の指導もあって、打線も繋がり始めている。

「2012年春から2014年秋までチームとして5季にわたって本塁打が出ないなど、以前は弱い打球しか飛ばせなかったので、相手は内野も外野も前進守備で構えていた。ところが最近は4番・楠田創(2年)や、春・秋ともに本塁打を放った山田大成(2年)を筆頭に強い打球を飛ばせるようになった。これが相手の守備を定位置に戻した。そのためポテンヒットが出たりしてチャンスが広がるようになっています」(同前)

 今年の強さを生んだ背景には、“ケガの功名”ともいえる事件もあった。8月、東大野球部は北海道室蘭市で夏合宿を行なったのだが、その際、苫小牧沖で起こったカーフェリー火災に遭遇する。合宿で使用するために運んでいたバット100本やボール600個、ユニフォームなどは船内に残されたままとなり、仕方なく、地元社会人チームから用具を借りての合宿になってしまった。

「用具が足りないため実戦形式の練習は限られ、野手も投手も涼しい北海道を走りこむ時間が増えた。これが結果的に足腰の強化や、スタミナ増強に繋がり、チーム力を底上げしたといわれています」(同前)

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
東大OB評論家が東大卒官僚や学者のダメさ加減を指摘した本
東大卒フリーライターが東大生独特の劣等感や悩みを記した本
【問題】「963 288 224 ? 64 24 8」?に何が入るか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP