ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江川卓氏 巨人監督実現しなかった不運の一つは野球賭博発覚

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 通算12年間でリーグ優勝7回、うち日本一3回。輝かしい成績を残した名将・原辰徳監督の後継者に選ばれたのは、監督候補として名前が挙がり続けた「昭和の怪物」ではなく、40歳の現役外野手だった。あれほどまでに「次は江川卓監督」といわれていた人事が、なぜ急転直下、高橋由伸監督の擁立に決まったのか。

 江川氏は今年の5月に還暦を迎えた。引退後、これまでユニフォームに袖を通したことはない。野球人たるもの、せめて一度だけでも──そんな思いがあったはずだ。おそらくは今回が、年齢的にもそれを実現できる最後のチャンスだった。

「江川氏を推していたのは日テレの関係者だったといわれています。視聴率の落ちている野球中継のテコ入れのために、自前の評論家である江川氏を送り込みたかった。話題性は抜群だし、一連の“次は江川”報道に対するファンの反応も良好でしたからね」(球界関係者)

 ただ、江川氏にはこのタイミングで数々の不運が重なった。なんといっても10月頭に発覚した、野球賭博問題が影を落とした。

「結論からいうとこの問題によって、巨人としては内部昇格しか選択肢がなくなった。日本野球機構による調査が依然進んでいて、これからどんな事実が出てくるかわからない。しかも内容が内容だけに、球団の存亡にすら関わる可能性がある。情報の管理がいつにも増して重要になる時期に、OBとはいえ部外者を入れるのは決して得策ではない」(同前)

 それに巨人にはトラウマがある。あれだけクリーンなイメージのあった原監督が、元暴力団員に1億円を渡していたという事件だ。“身体検査”するとはいえ、リスクは最小限に抑えたい。内部の人間でと考えるのは不思議なことではない。

 さらに事件が解決したとしても、巨人としては今回のスキャンダルによる膿を出し切り、新しく生まれ変わったことをアピールする必要がある。

「その際に“昔の名前”であり、しかも“空白の1日”事件で悪役になった江川氏よりも、若く爽やかなイメージの高橋のほうが適任だった」(同前)

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
渡邉恒雄氏 盟友との約束「江川卓監督」を今年こそ果たすか
江川ヘッド案 原監督が提案したのは自分の地位脅かさぬから
江川卓、伊良部他プロ野球史上に残るヒール55人を紹介する本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP