体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジョブズも実践していた、心を掴む「4つのコミュニケーション術」

Apple Unveils New Software For iPhone And iPad

聴衆を惹きつける強いメッセージで、類稀なプレゼンの才能を発揮したスティーブ・ジョブズ。持ち前の人を説き伏せる話術は、日々の打ち合わせの場でも発揮されていたようです。世界に最も名を馳せた起業家の、貴重なミーティング風景を映したドキュメンタリー映像から、今や語り草ともなっているジョブズのコミュニケーション術の要点を、Justin Bariso氏が抽出しました。

「情熱」と「意図」を明確にした
ジョブズ独自の掌握術

_258814181

ジョブズがAppleを辞めた後、1985年に設立したのが「NeXT」です。ここで、彼が新たに仲間となったメンバーたちに、自分の信念、プロダクトの方向性をどう伝え、共有していったのか?
共に働いた人々が口を揃えて言うように、リーダーとしてのジョブズは、気難しい一面を持っていたようです。
それでも、「情熱」と「意図」を常に明確に伝えました。洞察力に長けた彼が率いたチーム作りから、学ぶべき点がたくさんあるはずです。動画の中から、特徴的な4つをシーンをピックアップしました。

01.
自分の使命やビジョン
どう影響を与えるかを明確に

294788087

NeXT社は、大学院や専門学校などの分野で使用できる、高性能コンピューター生産に焦点を絞りました。ジョブズは興奮気味にこうメンバーを説き伏せます。

「僕らは、物理学の学生に加速装置を与えることができるかい?生物学の学生たちに、500万ドルも出して遺伝子組換えのための実験室を用意することだってできやしない。だけど、それらをコンピューターの世界で実現させてあげることができる。僕らが目指すべきはそこなんだ」

次第にヒートアップしていきます。彼には明確なビジョンがありました。起業家として、チームリーダーとして、彼のビジョンをチームに共有していきます。そこには、極めて重要な彼の意志が反映されていました。

「僕らがすべきことは、今あるパソコンよりも10倍の性能で、しかも価格を引き下げること。それができれば、教育分野において革命が5年以内に起こるはずだ。これこそが、僕らが目指していくべきことさ」

02.
優秀な人材を動かし
タクトを振るう人間たれ

_317244878

Appleの共同設立者スティーブ・ウォズニアックは、ジョブズとこんなやり取りをしています。

ウォズニアック:「キミはコードも書けなければ、デザインもできない。エンジニアでもなければ、金槌で釘を打つわけでもない。じゃあ、どうやって10倍も生産性をあげるつもりだい?キミの役割ってなんなんだ?」

ジョブズ:「僕にできることはただひとつ。オーケストラを束ねることさ」

ジョブズは、一人では決して成し遂げられないことを知っていたのです。優秀なエンジニア、デザイナーもマーケティングも必要。彼の天性の才能は、そうした優秀な人材をかき集め、ポロジェクトとしてハーモニーを生み出し、相乗効果を引き出すことにありました。そうして、自分のビジョンを達成していったのです。

03.
「NO!」を言うべき時を
きちんと心得えよ

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会