体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これは絶対に欲しい! ドイツの国際エレクトロニクス展〈IFA2015〉で見つけたおもしろガジェット

07e24fc29d21fb4d0126369224176af9

9月4日から9日までの6日間、ドイツのベルリンにて〈IFA2015〉が開催された。この国際コンシューマ・エレクトロニクス展は90年以上の歴史を持っており、世界中のメーカーから登場する新製品がデビューする場として注目を集めている。

2014年は約15万平米の展示場に1,538社が出展し、24万人の来客を迎えた。今年は1,645社とさらに多くの企業が出展し、話題になっている。今回は、〈IFA2015〉で注目を集めていたガジェットを紹介しよう。

4e97c155ed3d676bf952562f54239f5e f8cce360296ba8aea2aafb4f48281b8e

・マーシャルから音にこだわったスマホがお目見え
イギリスの老舗アンプメーカー、マーシャルから、音にこだわったスマートフォンがお目見えした。「Marshall LONDON」は4.7型ディスプレイのAndroid端末で、背面はレザーをあしらった異質な雰囲気。マーシャルのアンプを模しており、ファンにはたまらないだろう。

大きな特徴は、ヘッドホン端子を2つ搭載している点。2つのヘッドホンをつないで音楽を聴くことができる。それぞれの音量を個別に調整することも可能だ。さらに、ヘッドホン端子の間には「Mボタン」を搭載。当然、「Music」のMで、一発で再生アプリを起動できるもの。デュアルマイク&デュアルスピーカーを搭載し、ステレオ録音をしたり、スマホを超える高音質再生が可能だ。

スマホとしてのスペックは標準的だ。画面は4.7インチで本体サイズは140.45×70.25×9.45mmで重量は145g。OSはAndroid 5.0.2でCPUはクアッドコアのQualcomm Snapdragon 410、1.2GHzとなっている。カメラはメインが800万画素、フロントが200万画素とこちらはぼちぼち。バッテリー容量は2500mAhで、バッテリー駆動時間は不足なし。メモリーは16GBで、RAMは2GB。もちろん、microSDカードを利用できる。

直販サイト(https://www.marshallheadphones.com/mh_de_en/london-phone)ではすでに販売を開始しており、価格は549ユーロだ。ちなみに、SIMロックフリー端末ではあるが、今のところ日本からは購入できない。

6994c9c5415b164a3d046ab5ba7c9522

・スマートデバイスをまとめて操作できる「Nuimo」
「Nuimo」はスマートデバイスを操作できるホームコントローラーだ。現在、クラウドファウンディングサイト「KICKSTARTER」で資金を集めており。5万5,000ユーロを目標のところ、21万ユーロを超える参加があり、10月には発売される予定。

ここ数年で、スマホから操作できるスマート家電が続々と登場している。Bluetoothで接続する、LEDライトやスピーカー、スマートコンセントなど、多岐にわたる。通常は、それぞれにリモコンやスマホの専用アプリからコントロールすることになる。しかし、個別に管理するのは面倒だし、お客さんに自分のスマホをリモコンとして渡すのにも抵抗があるだろう。

そんな時は「Nuimo」が活躍してくれる。30以上の製品に対応するスマートリモコンで、様々なスマート家電をBluetooth LEに接続で操作することができる。クリックボタンを備えるほか、静電容量式のタッチセンサーや360度回転するアナログリングを搭載し、手軽に操作できるようになっている。再生中の楽曲をスキップしたり音量を上げたりできる。ライトのオンオフや光量の調整も可能だ。

1 2 3次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。