体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本上陸間もない新型SUV 『LX (レクサス)』試乗レビュー

生活・趣味
1

2015年10月24日に開催された『浅間山モーターフェスティバル』において、『LEXUS AMAZING EXPERIENCE (LAE)』が同時開催されました。『LAE』は、LEXUSが不定期に開催している、車の醍醐味を存分に楽しめる“体感型のプログラム”です。今回は、9月に日本上陸を果たしたばかりのフラッグシップSUV、『LX』で浅間山の自然を駆け抜けるという内容です。

関連:レーシングドライバーとサーキットを爆走できる 『LEXUS AMAZING EXPERIENCE』

レクサスならではの“高級SUV”

4

『LX』は、トヨタ自動車から販売されているSUV『ランドクルーザー (ランクル)』の血統を引くモデルです。さらに、ハイブランドである『レクサス』の意匠を存分に盛り込んでおり、“高級SUV”という位置付けになります。

3

全体的なフォルムは、『ランクル』らしい直線的な造形ですが、ところどころに流線形が用いられ、落ち着いた雰囲気となっています。一方、フロントマスクを見ると、ワイルドなスピンドルグリルと各種ライトの一体感がとても挑発的で、“これぞレクサス”といった印象です。

5

『ランクル』のバリエーションに、『プラド』というモデルがあります。『プラド』は、SUVである『ランクル』に“優れた居住性”を持たせることで、より乗用車に寄せており、ただのSUVに留まらない『LX』に似た趣旨を持っていると言えます。ただ、『LX』と『プラド』を比較すると、外観から伝わってくる“アウトドア感”が比べものにならないほど異なります。『LX』は、ガッシリとしたSUVの無骨さを持ちつつ、『レクサス』ならではの高級感も併せ持つ、文字通り“高級SUV”です。

6
1 2 3 4 5次のページ
まがりんの記事一覧をみる

記者:

車担当。 q@magarin.net

TwitterID: magarin_14

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会