体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたも脱ツアー客!Airbnbを使った個人旅行のススメ

Photo credit: Asami Yamada「【週末海外】弾丸香港で食べ歩き!」

繁華街の雑居ビルの中の物件 Photo credit: Asami Yamada「【週末海外】弾丸香港で食べ歩き!

こんにちは! TRiPORTライターのヤマダです。
旅行会社でツアーに申込むのが当たり前だった時代は終わり、近年は個人旅行をする人が増えていますよね。私も個人手配で海外を旅するようになって数年経ちますが、バックパッカーというわけではありません。

「旅費は抑えたいけど、安宿で汚いところには泊まりたくない」「短期間の旅行でも、ベタな観光だけじゃなくローカル感も味わいたい」「地元の人と友達になりたいけど、話かける勇気がない」。…そんなワガママな旅人なんです。

同じように、ツアー旅行には飽きたけどバックパッカーになる勇気はないっていう人、意外といるんじゃないでしょうか? そんなあなたには、「Airbnb(エアビーエンドビー)」を使った旅行をオススメします。

Airbnbは世界中の人々と部屋の貸し借りができるサービス。2013年9月に日本語版サイトが公開され早2年(Airbnbの設立は2008年)。すっかり話題のサービスになりましたが、まだよく知らない人や使ってみたいけど不安という人も多いと思います。今回は私が実際に利用した体験談をふまえながら、その魅力をお伝えしますね!

コスパが最強

[宿泊都市:香港/1泊1人3,000円]

個人旅行で最初に不安になるのが、宿まで無事に辿り着けるかどうかです。立地の良いホテルは相場が高く、一方で安宿は泊まる気になれないような汚さだったりしますよね。Airbnbの料金はピンキリですが、立地が良くてお手頃価格な物件がたくさんあります。香港はホテルの平均価格がかなり高かったのですが、私が泊まった宿は繁華街のど真ん中というロケーション、シャワー・トイレ付きの清潔な部屋で、なんと1泊3000円。

さらにAirbnbではクーポン配布のキャンペーンなどが頻繁に行われているため、それを上手く使えばさらに安く利用することが可能です。また、個人宅ではなくゲストハウスの一室なども登録されていますし、空港からの送迎を行っているホスト(物件の貸出し主)もいます。初めての利用が不安という方は、そういう物件を探してみるのもいいでしょう。

ローカル感たっぷり

Photo credit: Asami Yamada「ユニークに旅しよう!ニューヨークでカメラマンを雇ってみた♡」

憧れの非常階段付きのアパートにステイしてニューヨーカー気分 Photo credit: Asami Yamada「ユニークに旅しよう!ニューヨークでカメラマンを雇ってみた♡

[宿泊都市:ニューヨーク/1泊1人6,000円]

個人旅行の醍醐味と言えば、ツアーで行かないようなディープな場所に行けることですよね。Airbnbを使えばそんな場所に泊まっちゃうことも可能なんです。私がニューヨークで滞在した部屋は、昔ながらの商店街やオシャレなカフェ・ギャラリーが点在する歴史ある地区の、古いアパートの一室。気分はすっかりニューヨーカー!

このようにAirbnbには、ホテルでは味わえないロケーションの物件がたくさんあります。キャンピングカーの中、中世のお城、なんと無人島まで! それらが宿として提供されているのです。そんな面白いところに泊まれたら、それだけで特別な旅行になりそうですよね。

ホストと友達になれる

Photo credit: Asami Yamada「欲張りに旅しよう!メキシコでウミガメと泳いでピラミッドに登ってきた」
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。