体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界三大料理のトルコ料理って?その特徴と25品厳選紹介!

Photo credit: Akiyuki Minami「Istanbul 2009 - フレンドリーでエキゾチックな、飛んでイスタンブール!」

Photo credit: Akiyuki Minami「Istanbul 2009 - フレンドリーでエキゾチックな、飛んでイスタンブール!

こんにちは。TRiPORTライターのkiemiです。
突然ですがみなさんは、「世界三大料理は何か」と聞かれて、すぐに答えられますか? 答えはフランス料理、中華料理、トルコ料理。ご存知の方もいるかもしれませんね。
しかし今度は「何故トルコ料理がそこに肩を並べるのか」と聞かれると、よく分からない…と思う方は多いのではないでしょうか?
今回は大のトルコ料理好きである筆者が、トルコ料理の歴史的背景とその特徴、代表的な料理と飲み物を25品厳選し、説明していきます。きっとトルコ料理のそのバリエーションの豊かさと魅力にひきこまれ、今すぐ食べてみたくなること間違いなしですよ!

トルコ料理の5つの特徴

トルコ料理といえば、「ケバブ」が有名ですが、それは奥深いトルコ料理のほんの一部分でしかありません。
トルコ人の祖先は、もともと中央アジアに暮らしていましたが、徐々に西進し現在のアナトリアの地に辿りつきます。その後領土を拡大し、西はモロッコからエジプトまでの北アフリカ一帯、現在のギリシアやバルカン半島、シリアやアラビア半島まで、広大な領域を支配するオスマン帝国を築いていきました。
トルコ料理が大きく発展したのは、このオスマン帝国の時代。幅広い民族の食文化と豊富な食材を取り入れて、世界三大料理と言わしめるほどの豊かな食文化が形成されていったのです。それでは、具体的にどんな特徴があるのか見ていきましょう!

ケバブに代表される肉料理

「ケバブ」とは元々水を使わない焼き料理全般を指す言葉ですが、「ドネル・ケバブ」や「シシ・ケバブ」など、焼き肉料理が特に有名で、トルコの他にギリシャやブルガリアなどのバルカンの国々や、中東諸国一帯で広く食べられています。
トルコでは羊肉が好まれる他、鶏肉や牛肉も食べられます。国民のほとんどがムスリムなので、豚肉は食しません。

サルチャを使ったトマト煮込み

トルコは地中海に面した国。他の地中海沿岸の国々と同じく、トマトや玉ねぎ、オリーブオイルを使った料理が多く、味のベースには「サルチャ」と呼ばれるトマトペーストがよく使われます。

ヨーグルトは実はトルコが発祥

ヨーグルトというと、お隣のブルガリアを思い浮かべる人が多いと思いますが、トルコでもよく食べられています。ヨーグルトの発祥の地としては諸説ありますが、トルコ人の故郷である中央アジアの食文化と考えられています。
日本人のように甘味として食べるのではなく、スープとして料理に使ったり、仕上げのソースに使ったりします。

豊富な海の幸

黒海・マルマラ海・地中海と、三方を海に囲まれたトルコは海の幸も豊富です。特に黒海沿岸はイワシが有名で、イワシのフライやピラフなど、新鮮な海の幸を楽しめます。
ちなみに、元々中央アジアがルーツのトルコ人に魚介類は馴染みがなかったため、多くの単語がお隣のギリシャ語を借用しています。

パンがおいしい

トルコ人の主食はパン。ごま付きの輪っかパン「シミット」や、中に具材が詰められた「ポアチャ」など、美味しいパンがたくさんあります。「ロカンタ」と呼ばれる大衆食堂では、ざく切りにされたバゲットがカゴに盛られ、お代わり自由になっています!

代表的なトルコ料理25選

料理

1. メルジメッキ・チョルバス(Mercimek çorbası)

レンズ豆を裏ごしした定番スープで、日本人にとってのお味噌汁のような存在。レモンをたっぷり絞ると、より一層美味しくなっておすすめです。赤レンズ豆を使ったものや、トマトペーストを加えたものもあります。

Photo credit: Paul Perreijn via flickr cc
1 2 3 4 5 6 7次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。