ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

池袋に「泊まれる本屋」が11月5日オープン!!本屋ならいつまでもいられるあなたは要チェック

DATE:
  • ガジェット通信を≫


本が好き、本屋なら何時間でもいられる!という人なら行ってみたい「泊まれる本屋」をコンセプトにしたホステル「BOOK AND BED TOKYO」が11月5日に池袋にオープンする。

「BOOK AND BED TOKYO」は訪日外国人観光客や国内旅行者をターゲットとしたホステルで、本棚の中にベッドが埋め込まれている。ブックセレクトは「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」、内装デザインは谷尻誠氏・吉田愛氏率いる「SUPPOSE DESIGN OFFICE」が担当。おしゃれな空間が広がる。

「BOOK AND BED TOKYO」がお届けするのは最高な環境での良い寝心地ではない。「好きなことをしてたら、うっかり寝ちゃった」という最高に幸せな「寝る瞬間」の体験を用意してくれるホステル。

宿泊者は海外・国内旅行者向けとしており、宿泊者以外のデイタイムのラウンジスペース利用も可。平日はBOOK SHELFタイプ・BUNKタイプ共にL STANDARD ベッドで4500円、金土祝前日はBOOK SHELFタイプ・BUNKタイプ共にL STANDARD ベッドで5500円。そのほかにリーズナブルなL COMPACT ベッドタイプもある。

デイタイム利用は13:00 – 19:00で1500円となっている。

本の販売は行わないが、大好きな本屋を独り占めできるような「BOOK AND BED TOKYO」で「寝る瞬間」を体験してみては?
「BOOK AND BED TOKYO」(http://bookandbedtokyo.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP