ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

がん死亡率11年連続1位の青森 飲酒・喫煙率の高さも要因か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国立がん研究センター(東京都)が9月に公表した「都道府県別がん死亡率(2014年)」が波紋を広げている。青森県が2004年から11年連続でワースト1位を維持する結果となったためだ。

 1995年から始まったがん研の調査は、厚労省の人口動態統計(75歳未満)をベースに、年齢分布の偏りを調整(※高齢者の多い県は必然的に死亡率が高くなるため)し、「人口10万人あたり何人ががんで死亡したか」を都道府県ごとに比較したものだ。

 11年連続で1位となった青森県の死亡率は、男女計で98.0人と47都道府県で最悪。全国平均79.0人を大きく上回り、最も低い長野とは29.7人もの開きがあった。

「この結果を重く受け止め、県庁全体で対策に取り組んでいる最中です。要因としては、県民の喫煙率と飲酒率の高さが挙げられています。喫煙率は厚労省の国民生活基礎調査(2013年)で男性が全国1位、女性は同2位。飲酒率も同省の国民健康・栄養調査(2010年)で1日1合以上を週3日以上飲む男性が51.6%と、全国平均の35.9%よりかなり高い」(県がん・生活習慣病対策課)

 青森県の部位別のがん死亡率を見ると、「胆のう・胆道」「膵臓」「大腸」が全国ワースト。「肺・気管(支)」はワースト2位だった。

「日本人の3人に1人ががんで死ぬ」と言われて久しいが、2007年に施行された「がん対策基本法」などの対策がとられる中で、近年、がんによる死亡率は減少傾向にある。青森県の死亡率も下がっているが、その減少率は全国平均より鈍く、さらに「がんで亡くなる人のうち40~50代の働き盛りの男性が増えている」(前出・対策課)という大きな課題も抱えている。弘前大学医学部付属病院の松坂方士・准教授が指摘する。

「発症率は全国平均とほぼ変わらないのに、死亡率が高いのが青森の特徴です。受診時に転移がなく治癒が期待できる『早期発見』は全国平均43.6%に対し、県内は34.0%。症状が進行してから受診する県民が多いことを示しています。受診機会を早めなくてはいけません」

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
飲酒・喫煙率トップの青森県が平均寿命最下位 がん死亡率も
がんなどの死亡率が高い秋田 「塩分摂取」「井戸水」も要因か
首都圏の葬儀費用は平均256万円で近畿地区より40%高い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP