ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

横浜の開運ハンコ店 3億円宝くじが当たる人も登場する老舗

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 横浜・山下公園から車で南へ約10分。湾岸沿いのマンション街の一角に、今年で創業50年を迎える『風間印房』という老舗ハンコ店がある。

 人呼んで「開運ハンコ店」。ここでハンコを作ると幸運が訪れるという噂が口コミで広まり、芸能関係者やプロ野球選手をはじめ、会社経営者など著名な顧客も数多い。とくにここ10年はハンコを作った客に宝くじの高額当せん者が続出。開運ハンコの注文が殺到しているのだ。

「特別なことをしているつもりはないんです。厳選した印材に、丁寧に一字一字お名前を刻んでいくだけ。ですが、実際にハンコを作ったタレントさんのCM出演が決まったり、司会を務めていたバラエティーが長寿番組になったり、野球選手が試合で大活躍したりと、いい報告をくださるかたが多くいらっしゃるんです」

 そう話すのは、店主の風間秀規さん(53才、以下「」内同)。カーレースのライセンスを持ち、趣味でハーレーダビッドソンも乗りこなす。1992年に創業者の父親から店を引き継いだ直後、不思議な幸運を目の当たりにしたという。

「知り合いの紹介で、ペットフードを販売する会社で営業マンをしていた30代の男性から“実印を作りたい”と注文をいただいたんです。ちょうどその時、新商品の琥珀を入荷したところだったので、それを使ってハンコを作りました。

 しばらくして、その男性が高級外車を買ったと聞いたんです。それも3台も! なんでも、ハンコを作った直後に購入した宝くじで1億円を超える当せんをしたというんですよ。会社も辞めて、以前からの夢だったフリーペーパーを発行する会社を作ったそうです」

 それから、風間さんのもとには客からの吉報が届き続けた。2004年の夏に店を訪れた女性も、宝くじの1等当せんを引き寄せたという。

「切羽詰まった声で、“おたくは開運印をやっていますか?”と電話で問い合わせがあったんです。開運書体といわれる『吉相体』のハンコを制作していましたので、それを伝えると1時間ほどで40代の女性が来店しました。Tシャツ姿で化粧っ気もなく、地味な印象のかたでしたね」

 事情を聞くと、まだ大学生の子供が2人いるのに、夫が会社から早期退職を迫られ、「このままでは家族4人路頭に迷ってしまう」と藁をも掴む思いでやってきたという。女性は開運書体で直径18mmの立派な象牙のハンコを作った。

 それから4か月ほど経った12月上旬、店の前に1000万円をゆうに超す高級外車が止まった。降りてきたのは、最高級のブランドバッグをさげ、毛皮に身を包んだマダム――身なりは変わったが、あの女性だった。サマージャンボで1等3億円に当せんしたのだという。

「ハンコを受け取った日がたまたまサマージャンボの販売最終日で、帰りに宝くじ売り場の近くを通りがかったときに“今日がラストチャンス!”というアナウンスを耳にしたそうです。そこで、バラで10枚だけ購入しようとしたら、最終日ということで売り切れ。しょうがなく連番で購入したら、その中から1等と前後賞が出たんです。もしバラが残っていたら当せんしていないわけですから、すごい偶然ですよね」

 当せん報告にきた“マダム”は、さらにもう1本開運ハンコの作成を依頼。すると今度は直後の年末ジャンボで10万円が当せん。連続億当せんというわけにはいかなかったが、奇跡はこれで終わらなかった。共にハンコを作りに訪れていたマダムの娘が、ロト6で2等1680万円に当せんしたのだ。

「一家は都内にテナントビルも作って、家賃収入だけで月500万円ほど入ってくるそうです。開運ハンコのおかげだと本当に感謝されました。あの切羽詰まっていた彼女からは想像できない。本当に、人生何が起きるかわかりませんね」

※女性セブン2015年11月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宝くじドリーム10 10枚購入で100人に1人が1等当せんする
宝くじ 1000万円以上の当選者が行ったゲン担ぎベスト5発表
バレンタイン女神くじ 賞金額はダウンも当選確率はアップ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。