ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

演説が上手な総理 アーウー総理の大平正芳氏こそベスト1

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本の総理大臣の演説力はどの程度のものなのだろうか。現在の安倍晋三氏に至るまで戦後の総理大臣33人が国会で行った所信表明・施政方針演説を集めた『1945~2015 総理の演説 所信表明・施政方針演説の中の戦後史』(バジリコ株式会社)の監修・解説を担当したベテラン政治ジャーナリストの田勢康弘氏が日本の政治家の演説について語った。

 * * *
 佐藤栄作から安倍晋三まで延べ25人の総理大臣を取材してきましたが、そのなかで比較的上手いと言えるのは佐藤栄作、三木武夫、中曽根康弘、小泉純一郎。議場でよく声が通っていたし、抑揚や間の取り方が上手でした。僕が評価するベスト1は大平正芳です。言葉の前に「アー」とか「ウー」とか言うので「アーウー総理」と揶揄されましたが、言葉そのものに力がありました。歴代総理のなかでもっとも言葉にこだわっていたと思います。

 街頭演説での面白さに比べ、国会演説はさほど上手くなかったのが田中角栄。ダミ声で、何を言っているのか聞き取りにくいのが欠点です。
 
 どの総理の演説も土台の部分は官僚の作文ですが、それでも総理の個性は反映されます。例えば、「~しようではありませんか」という呼び掛けのフレーズを使い始めたのは小泉純一郎。国民を意識した劇場型政治らしいと言えます。
 
 呼び掛けのフレーズは鳩山由紀夫も多用し、安倍晋三も使いますね。菅直人は、短くですが、自分の生まれ育った環境や、政治家になった経緯を話しています。国会演説としては珍しいです。

●文/鈴木洋史(ノンフィクションライター)

※SAPIO2015年11月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
米大統領演説レベル高い背景に高報酬スピーチライターの存在
吉田茂 講和を渋るフィリピンに「台風の賠償金をよこせ」
菅直人氏 山口生まれでも山口県出身総理大臣展から「除名」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP