ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『孤独のグルメ2』 ラーメンと水の記述など共感する名言続出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【マンガ紹介】『孤独のグルメ2』/久住昌之・谷口ジロー/扶桑社/994円

 松重豊さん主演ドラマもシーズン5に突入した『孤独のグルメ』。個人で貿易商を営む中年男・井之頭五郎(下戸)が今の気分にジャストな店を探して彷徨い、注文に迷い、食べる順番を考え、いざ食べる…そんなグルメ漫画です。

 第1巻発売からなんと18年ぶりに新刊が発売! 1巻を繰り返し読んでいたのでさほど久々感はないのですが、やっぱり新作が読めるのは、そして五郎さんとの再会はうれしい限り! 独り身(過去に女優とのロマンスあり)の寂しさと自由を同時に引き受けている五郎さんは、マイベストオブ中年男性キャラの一人。基本ジェントルなのに、ふいに正義感に火がついて店主や客とケンカになるのもいいんです。

 さて今巻で五郎さんが食べるのは、静岡の汁おでん(汁がカラシ!)、鳥取市役所のスラーメン(うどんつゆ+ラーメンの麺)、思い出の地・パリで食べるアルジェリア料理(結局汁と米!)などなど(実名は出てきませんがモデル店あり)。頼み過ぎて失敗したり、〈この組み合わせ最強〉と一人ご満悦だったり、一回一回のごはんに全力で挑むのが五郎流。

 一人飯なのでほぼモノローグで構成されていますが、〈ラーメンの後の口直しの水って ラーメンの一部というくらいうまい〉など「しょっぱくて脂っぽくて熱いスープの後の冷たい水のことでしょ!? わかるわかる!!」と思わず五郎さんに話しかけたくなる名言続出です。とりあえず、駒沢公園の煮込み定食はすぐ食べに行く所存です。

(文/門倉紫麻)

※女性セブン2015年11月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」
『孤独のグルメ』も影響 「ぼっち飯」に引け目感じぬ若者増加
上戸彩、浅田真央、広末涼子が訪れる渋谷のラーメン店

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP