ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

軽井沢の絶品お土産8選!おいしくて素敵なお土産を買って帰ろう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

軽井沢の絶品土産ショコランデンブルグのチョコレート

高原の別荘地として不動の人気を誇る軽井沢。爽やかな気候の避暑地、自然豊かな観光地として愛されているだけあって、訪れた人たちの舌を満足させる美味しいグルメがたくさん揃っています。

皇室や文豪ともゆかりのある憧れの避暑地に行ったらお土産にもこだわって、本当に喜んでもらえる美味しいものを贈りたいですよね。今回は、食通の方にも自信を持って渡せる絶品お土産をご紹介します。

1.ブランジェ浅野屋「軽井沢レザン」

1993年創業、軽井沢の老舗の味

ブランジェ浅野屋ラム酒にしっかり漬け込んで甘みを引き出したレーズンがたっぷり

自家製ラムレーズン入りの柔らかい生地を、カリッとしたフランスパン生地で包んで焼き上げています。厚切りのトーストにしてバターやジャム、クリームチーズとともにどうぞ。 ブランジェ浅野屋
TEL/0267-42-2149
住所/長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢738
料金/軽井沢レザン200g 389円~、1800g(1台)3500円
「ブランジェ浅野屋」の詳細はこちら

2.フランスベーカリー 軽井沢「フランスパン」

あのミュージシャンも好んだという人気のフランスパン

フランスベーカリー軽井沢万平ホテルでベーカーチーフを務めた初代 田村寅次郎が1951年に創業した老舗ベーカリー

創業当時のレシピのまま焼かれるパンは、外はパリパリで中はもっちり。ジョン・レノンが愛したことでも知られ、軽井沢を訪れる多くの著名人に支持され続けています。 フランスベーカリー 軽井沢
TEL/0267-42-2155
住所/長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢618
料金/フランスパン(大)324円、イギリスパン1本(3斤分)842円など
「フランスベーカリー 軽井沢」の詳細はこちら

3.沢屋「ジャム」

ひとつひとつ手作りされたこだわりの品

沢屋「ジャム」旬の国産生果実を使用。青果店から始まった沢屋は材料選びにも妥協がありません

その果実が一番美味しい季節に収穫し、手作業で一つひとつジャムにしています。新鮮な果実と砂糖のみを使った100%ピュアなジャム。果実本来の美味しさを存分に楽しめます。 沢屋
TEL/0267-46-2400
住所/長野県北佐久郡軽井沢町長倉702
料金/ストロベリージャムSサイズ681円、Rサイズ1188円、Mサイズ2214円、Lサイズ4320円(全て税込)など
「沢屋」の詳細はこちら

4.アトリエ・ド・フロマージュ「マスカルポーネシュー」

チーズを使ったシュークリームは絶品

アトリエ・ド・フロマージュ コクがあるのに口当たりが軽やかな、ふわふわのクリームが絶品!

バター風味が香ばしい厚めのシュー生地に、マスカルポーネチーズを使ったクリームをたっぷりサンド。看板商品として広く愛されているリッチなシュークリームです。 アトリエ・ド・フロマージュ
TEL/0267-41-4033
住所/長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢2-1
料金/マスカルポーネシュー(3個入り)1080円
「アトリエ・ド・フロマージュ」の詳細はこちら

5.ショコラデンブルグ軽井沢チョコレート館「チョコレート」

ヨーロッパの食文化を軽井沢に伝える、本格的なチョコレート

ショコラデンブルグ軽井沢チョコレート館意匠の細かい一つひとつのチョコレート、その美しさに思わずうっとり

ヨーロッパから輸入した材料で作られる、本格チョコレートの専門店。ショーケースに並ぶチョコレートはどれも美しく、お土産にぴったり。一粒一粒丁寧に手作りされています。 ショコラデンブルグ軽井沢チョコレート館
TEL/0267-42-1560
住所/長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢4-2
料金/ボンボン:ベネズエラ1粒240円、シャンパン1粒240円など
「ショコラデンブルグ軽井沢チョコレート館」の詳細はこちら

6.ミカド珈琲「コーヒーゼリー」

コーヒー専門店だからこそのスイーツ

軽井沢の絶品土産 コーヒーゼリーのミカド珈琲の店内ミカド珈琲「コーヒーゼリー」香り、のど越しがよくすっきりとした味わいです

1948年日本橋で創業したコーヒーロースター。創業の4年後に軽井沢に出店。円熟したブラジル産オールドビーンズコーヒーと軽井沢の美味しい水で作るコーヒーゼリーは、半世紀以上愛されているロングセラーです。 ミカド珈琲
TEL/0267-42-0549
住所/「軽井沢・プリンスショッピングプラザ店」長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1178-798 センターモール内(2014年7月2日より移転)
料金/コーヒーゼリー324円
「ミカド珈琲」の詳細はこちら

7.カフェレストラン ぱおむ「軽井沢プリン」

贅沢な味わい、手土産で人気のプリン

ぱおむ「軽井沢プリン」 プリンの下にはカラメルソースがたっぷり。まろやかで上品な美味しさにファン多数!

発売以来変わらぬ味を守り続け、軽井沢を訪れる人々を魅了してやまないプリン。ヨード卵・光の卵黄、北軽井沢高原牛乳、特選生クリームなど、素材にこだわり尽くした贅沢なプリンです。 カフェレストラン ぱおむ
TEL/0267-42-8061
住所/長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢806-1
料金/軽井沢プリン473円(税抜)など
「カフェレストラン ぱおむ」の詳細はこちら

8.田村屋総本店「銘菓かるいざわ」

和菓子でありながら洋菓子の味わいも楽しめる一品

田村屋総本店「銘菓かるいざわ」 チーズと餡の意外な取り合わせが美味。独特の美味しさがくせになりますよ!

100年以上続く老舗和菓子店の銘菓。中央にチーズをしのばせた餡をバターカステラで包んだ独創的なお菓子で、全国菓子博覧会で名誉金賞を受賞したこともある逸品です。 田村屋総本店
TEL/0267-45-5027
住所/長野県北佐久郡軽井沢町長倉3024-5
料金/銘菓かるいざわ250円など

※この記事は2015年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

期間限定!絶品オリジナルスイーツ誕生♪モンブラン&栗スイーツ【熊本】
新穂高の三段紅葉&温泉でゆっくり♪奥飛騨温泉郷の秋旅【岐阜】
コキアの紅葉!草原カフェ!高原で見るカワイイ紅葉【岐阜】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。