ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川島なお美、東芝EMI時代のアルバム2タイトルが緊急再発決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、闘病の末、逝去した川島なお美の歌手としての功績を遺すべく、ユニバーサルミュージックはアルバム二作品を緊急発売する。

川島なお美が当時の東芝EMIからリリースした7枚のオリジナル・アルバムのうち、唯一の未CD化であったセカンド・アルバム「SO LONG」を、リマスタリング&高音質SHM-CDにより、紙ジャケ仕様にて初CD化。このアルバムは、杉真理プロデュースにより1982年12月1日に発表された作品で、AORの隠れ名盤として評価が高く、再発を待たれていた作品。発売から33年を経ての初CD化となる。

また、1993年にリリースされたベスト・アルバム『W』(現在廃盤)をリマスタリング&高音質SHM-CDとし、そこに80年代前半当時の未発表貴重映像を収録したDVD(約5分予定)を付属、また、復刻ポスターを封入した、限定盤メモリアル・エディションとして再発。このベストアルバムは、川島本人が、当時話題となった写真集と連動し、自らブックレットの写真のセレクトを行い、選曲にも携わるなど、自身の想いの詰まったベスト盤として好評を博した。なお、本人の作詞の曲も3曲収録し、復刻ポスターは1983年当時のもので、本人のサイン入りのレプリカとなる。

リリース情報

2ndアルバム「SO LONG」
2015年12月23日発売
UPCY-9448 2,300円+税
※リマスターSHM-CD、紙ジャケ仕様、初回限定盤

「ベスト・アルバム“W” メモリアル・エディション」
2015年12月23日発売
UPCY-9449 3,800円+税
※リマスターSHM-CD&特典DVD付属、復刻ポスター封入、初回限定盤

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP