ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ページ送りにサヨウナラ! Webページを自動で継ぎ足す裏ワザとは!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Web上で、ページが複数あるときに、「次のページへ」ボタンをクリックするのが煩わしいと思ったときに重宝するのが、ブラウザ拡張機能「AutoPagerize」。このツールは、ページをスクロールするだけで、次のページを現ページの下部に継ぎ足して表示する便利機能だ。対応ブラウザはFirefox、Google Chrome、Safari、Operaの4つ。

最大にして唯一のメリット:マウスで下スクロール→次ページが自動追加

ごく単純なメリットだが、一度使うと便利でクセになる。「AutoPagerize」がただただ愚直にページを自動追加していくと、下スクロールに合わせて、ひたすら下へ下へと突き進む。


AutoPagerizeの本サイトより。マウスでスクロールするとプレロードしたページを追加していく仕組み。つまり、自動でどんどんページを継ぎ足してくれるということ

 「Yahoo! JAPAN」のニュース記事を例に取ってみよう。記事によっては2ページ以上にわたることがあるが、下のように2ページ目を読み込んで表示してくれるのだ。記事だけではない。Amazonなど一部サイトにも対応しており、マウスでスクロールするだけでページを追加してくれるので楽チン。

Yahoo! JAPANの記事をAutoPagerizeで読み込んだ状態。「page:2」の表示に注目を。記事を自動で継ぎ足してくれ

Amazonでもページの自動継ぎ足しをしてくれる欲しい物リストのページでも機能する。お気に入りのサイトで使え試してみよう

ただし、「AutoPagerize」は、読み込んだページの一部ボタンがクリックに反応しない、前出の検索ページが2ページ目以降に表示されてしまうなど、まだまだ改善の余地を残している。もし使い勝手の悪さを感じたら、後発の「Google Auto Next Page」というページ継ぎ足しツールを試したい。ただし、Amazonなどでページが継ぎ足されないなど、「AutoPagerize」と適用環境が多少異なる。


「Google Auto Next Page」の概要ページ。Chrome版のみならず、Firefox版もあるぞ

何でも「自動」というのは良い響きだ。Web上のページ読み込みにちょっとでもストレスを感じている人は、ページ自動継ぎ足し機能をぜひ一度お試しあれ。

関連リンク

AutoPagerize

関連記事リンク(外部サイト)

大丈夫? SNSで個人情報のダダ漏れ注意
Gmailのショートカットキーで、仕事効率を”爆上げ”しよう!
意外と知らない!? ウェブブラウザをスッキリ使いやすくする裏ワザ

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP