体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【つながるひみつ】第6話「新幹線でも高速道路でも! 高速移動中に電波がつながるのはなぜ?」

携帯電話やスマートフォンがつながるのはなぜなんだろう? 遠く離れたところにいる人の声がアッというまに届くしくみには、一体どんなひみつが隠されているんだろう?

今回は高速移動中に電波がつながるひみつのお話。時速300キロの新幹線の中からでも、高速道路を突っ走るクルマの中からでも、携帯電話がつながるのはなぜなんだろう? 考えて考えても大ちゃんの頭の中は「?」マークになるばかり。これはもう電波くんに教えてもらうしかない。電波くーん!!

大ちゃん「どうして高速移動しながらでも通話は切れないの?」

電波くん「それを説明する前に……。大ちゃんにボクのもう一つの顔があることを話すときがついにきたみたいだね……」

大ちゃん「も、もう一つの顔!?(ゴクリ)」

電波くん「ボクはね、音声やインターネットのデータを運ぶだけじゃなくて、携帯電話の持ち主や位置なんかの情報も、実は大ちゃんが知らないうちにずっと基地局とやり取りしているんだ」

大ちゃん「ボクが電話してないときも?」

電波くん「うん、そうなんだよ」

携帯電話と基地局の間では、通話やデータのやり取りのほかにも、携帯電話の位置情報などがひんぱんにやり取りされているのです。高速移動中に通話ができる裏側には、この電波くんの八面六臂(はちめんろっぴ)の活躍があるのです。

いま、大ちゃんは歩きながら、あずきちゃんとスマホで話しています。大ちゃんは、ちょうどA基地局くんの担当する範囲からB基地局くんの担当する範囲のほうに向かっているようです。電波くんは、大ちゃんと、大ちゃんに近いA基地局くんを結んで、盛んに行き来しています。すると、電波くんがA基地局くんにこんなことを言い出しました。

電波くん「ムムム、A基地局くんの電波が弱くなってきたぞ! かわりにB基地局クンのほうが強くなってきた」

A基地局くん「了解!! それじゃ電波くん、次はB基地局クンのほうに飛んでいってくれ!!」

電波くん「ありがとう、A基地局くん!!」

電波くん「B基地局くん、飛んでいくからね!! よろしくぅ!!」

B基地局くん「まかしときぃ!!」

大ちゃん「わあ、すごい!! まるでサーカスの空中ブランコみたいだ!!」

電波くんはA基地局くんではなく、こんどは、より電波が強いB基地局くんとやり取りを始めました。それはあっという間の出来事でした。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。