ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おなじみの標識から子どもが脱走!?日常風景をアートにする面白写真

DATE:
  • ガジェット通信を≫

おなじみの交通標識から、中の人が脱走!?

このユニークな作品を作ったのは、アーティストMichael Pedersonさん。

Pedersonさんの手にかかれば、日常の風景がアート作品に変身してしまう。

 

こちらは普通のタンポポ。

しかし「手を触れないでください」と表示し、進入禁止のロープを飾るだけで、なにか特別なものにみえてしまう。

ほかにも、

「ここにいることは内緒でお願いします」

「出口はこちら」

「しばらくお待ちください。もうすぐあなたの未来がやってきます」

 

思わずくすっと笑ってしまう作品が勢揃いだ。

この遊び心たっぷりの活動を始めたのは2013年。

「普段街を歩いていても、周囲の風景を見ているようで見ていない。そんなとき、思わず人々が足を止めてしまうようなものが好きなんだ」

 

確かに、どの作品も二度見必至。

HPにはこのほかにも、ユニークな作品が多数掲載されており、新作も随時発表されているので、ぜひチェックしてみて。

Michael Pederson
http://miguelmarquezoutside.com/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP