ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

骨折り踊る異様なゾンビにラップする悪魔 ハロウィンのクラブを占拠したクリーチャーたちの正体は……

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

仮装した男女であふれるハロウィン気分いっぱいのクラブに、トンデモない来客がやってくる……そんなゾクゾクする動画をご紹介いたします。



ボロボロの服と傷だらけの顔で、ヨタヨタとクラブに迷い込んだひとりのゾンビ。明らかに生きた人間ならぬ様相にバーテンも驚きますが、そのバーテンもなんだか人間ならぬ雰囲気……?


バーテンが黙って『ジャック ダニエル』をグラスに注ぎ差し出すと……それがすべての合図かのようにクールなラップがスタート。グラスを前にしたゾンビは、その香りに生きていたころの記憶を思い出したのでしょうか――覚醒し、服を脱ぎ捨て、クラブのフロアに踊り出ます!


腕をあらぬ方向に折り曲げ、異様なダンスで周囲を熱狂させるゾンビ。ラップ、DJ、バイオリンの演奏がフロアを更に盛り上げ、熱気は最高潮。



あれ? ラップしているのは悪魔だし、DJは狼男、バイオリニストはメデューサ……?

このクラブ、クリーチャーだらけだぞ!

圧巻のパフォーマンスの末に幕を閉じたクラブの一夜。明らかに只者ではない彼らですが、その正体は……。

なんと、ラップをしていた悪魔は日本を代表するヒップホップMCと言っても過言ではないZeebra。そして、DJの狼男はブレイクビーツユニットHIFANAのJUICY。この動画で使われている楽曲は、このためだけにZeebraとJUICYが作り上げたオリジナル楽曲なのです。ご、豪華……。メデューサは実力派バイオリニストのMei。ヴァンパイアのバーテンは、世界大会で日本代表として多数出場しているフレアバーテンダー、SHIN (吉原晋一)。そして、骨を折るかのようなダンスを見せていた脅威のゾンビは、「Bonebreaking(ボーンブレイク)」という動きを世界に知らしめたダンサーの一人であるダンサー、Nicholas Slick Stewartです。

一流メンバーが超ハイクオリティな特殊メイクでパフォーマンスを見せたこの動画は、テネシー・ウイスキーの『ジャック ダニエル』がハロウィンにウェブ限定で公開したスペシャルなもの。『ジャック ダニエル』は現在、仮装した人々が『ジャック ダニエル』のボトルを手にしているホラーなパッケージが素敵な、日本限定のオリジナルハロウィンボックスも販売中。ハロウィン・パーティーの手土産にもぴったりな一品です。

ダンス・楽曲・特殊メイク、すべてがマッチした、怖くてゾクゾク……ならぬ、カッコよくてゾクゾクくるハロウィン動画。是非お楽しみください!

Zombie in Tokyo(YouTube)
https://youtu.be/i647tS72VAw


カテゴリー : 動画 タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP