ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年度上半期のAndroidスマートフォン購入者は全体の53.1%(MMD研究所)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MMD 研究所が 10 月 26 日に公開した国内における 2015 年度上半期(4 月 ~ 9 月)のスマートフォン購入者の調査結果によると、この期間の Android スマートフォンの購入者割合が過半数を超える 53.1% でした。今回の調査データは 15 歳以上の男女 490 名を対象に行われたインターネットアンケートの結果です。他の調査会社が公開したメーカー別の出荷台数シェアでは iPhone がトップであるものの、アンケート調査によると、Android の購入者割合は過半数を上回っていた模様です。これは、2014 年の同期間と比較して 6.8 ポイントも増加しています。また、Apple iPhone は 46.9% と単独でも半数に迫るほどのシェアでした。続いて、Android を購入したと回答した人に購入理由を質問したところ、Android では「店頭で触って」が 48.8% と最も多いことが判明しました。おそらく、家電量販店などに置いてある様々な SIM ロックフリー端末の販売が全体のシェア増に影響したと考えられます。Source : MMD 研究所

■関連記事
Googleの新デバイス「Chromecast Audio」のレビュー
電波の杜、鉄道ファン向けのSNSアプリ「駅コレ」をリリース
1ShopMobileが廉価版Axonを販売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP