ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冷凍チャーハンが美味い理由 「炒める」工程組み込んだから

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 未だ経験したことのない人は、騙されたと思ってぜひ一度食べてみてほしい。冷凍チャーハンは想像以上に美味しくなっている。

 普段、冷凍食品自体をあまり食べない本誌記者(60代)も、最初は懐疑的だった。どうせ水分でベチャベチャ、なのに妙に油っこくて、完食なんかできないだろう──そう思いつつ、「冷凍チャーハン売上ナンバーワン」とパッケージに書かれた「本格炒め炒飯」(ニチレイフーズ)を試してみた。

 パッケージは、よく見るタイプの冷凍チャーハンのそれだ。具材も卵とチャーシュー中心のシンプルなもので、失礼ながら、見た目から人気ナンバーワンの理由は伝わってこない。

 だが食べてみると、その理由はすぐにわかった。不思議なことに、きれいに水分が飛んで米がパラパラ。卵はふわふわしていて本来の甘みがあり、角切りのチャーシューは噛むと肉汁がしみ出すほどジューシーだ。さっきまで凍っていたとは思えない。焦げたタレの香ばしさが食欲をそそる。

 近所の中華料理店と比べても遜色ないといっても過言ではない。450グラムの内容量のうち半分を電子レンジで温めたが、あっという間に完食。物足りなくなり、結局残りの半分も平らげてしまった。

 冷凍チャーハンは、仕事と育児に忙しい子育て世代や、料理が苦手な独身男性が購入しているというイメージを持つ人も少なくないだろう。だが、スーパーの冷凍食品売り場ではシニア層が冷凍チャーハンを購入していく姿も目につく。便利で、油っこくなく、美味いからだ。

 冷凍チャーハンのファンからは、こんな声が聞こえてくる。

「小腹が空いた時のちょっとした食事にいい」
「油を引かずに調理できるので油っこくなく、しかもパラパラに仕上がる」
「ちょっと酒を飲みたいときに少量だけ解凍してツマミにできるのが便利」

 現在の冷凍チャーハンが美味い理由は何なのか。「本格炒め炒飯」を製造・販売するニチレイフーズの広報担当者は胸を張ってこういう。

「プロの料理人の作る工程と同じように調理しています。250℃という一般家庭では実現不可能な高温で調理し、さらに炒める工程を3段階に分けて丁寧に作っています。素材にもこだわっていて、米は北海道の一等米を使用し、味付けは自社の同じ工場で作っているチャーシューの煮汁を調味料として加えています」

 冷凍チャーハンはかつては製造工程で実際に米を炒めておらず、味付けだけをチャーハンに似せた、いわば「チャーハン風ごはん」だったという。しかし2001年にニチレイから「本格炒め炒飯」が発売され、それまでにはなかった「炒める」という工程を組み込んだことで、味が格段に向上したのだ。

 味は本格的だが調理は解凍するだけ、と手間がかからない。フライパンや油も必要なく、皿に盛りつけてレンジでチンすればいいだけだ(1/2袋なら5分ほど)。

 しかも嬉しいのは、最近はラップをかける必要のない商品も多いことだ。これまではラップをかけるのが意外と手間だったうえ、蒸気の関係で皿が非常に熱くなり取り出しにくかったが、こうした小さなイライラからも解放された。味だけではなく、手軽さもヒットの要因となっている。

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
パラパラ炒飯 作るには卵とご飯を混ぜ油の代わりにマヨ使用
大根おろしアートにハマった女性 チャーハンの上にパンダ作る
主食がパンでおかずがキムチチャーハンという前衛的給食紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP