ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家でもできるおでんの美味しい作り方 老舗店主が7か条を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大正四年創業、東京・浅草の下町で愛される『大多福(おたふく)』は、入り口の大きな提灯が目印。五代目・舩大工(ふなだいく)栄さんが3日かけて仕込む大根は美しい飴色に透き通り、噛むとじゅわっとだしがあふれ、ほろりと崩れて消える。店ではタネごとに仕込みをし、最後に大鍋で合わせて煮る。さすがにこの職人技は真似できないが、家庭で使えるコツはないかうかがった。

「まずは、量をたくさん作ること。ひとつひとつの具材からそれぞれ違うだしが出て、なんともおいしい味わいになります。少ない材料で作るなら、肉のうまみが出るウィンナソーセージと香り豊かなしょうが天の2つは必須。これだけで不思議とおでんらしい味に仕上がるんですよ。みなさんが失敗する原因のひとつは圧倒的につゆが少ないこと。たっぷりのつゆで作れば、煮崩れしにくくなります。あらかじめ多めに作っておけば、煮詰まっても注ぎ足せるので、味も変わりにくいですね。

 さらに、味がしみにくい、大根、卵、こんにゃくの3品は、やや面倒かもしれませんが、前日に下ごしらえをしてください。このひと手間で味が変わりますよ」と、湯気の向こうで笑顔を見せた。そんな舩大工さんに、ポイントを7つ教えてもらった。

【その一 味がしみるのは冷めるとき】

 冷めるときに具材に味が入るので、味がしみにくい大根、こんにゃく、卵は前日から仕込みをしましょう。下ごしらえ後つゆで煮て、そのまま一晩置いて冷ますと味が中までじっくりしみます。

【その二 酒は隠し味 角が取れ丸くなる】

 酒を加えるとつゆの味が丸くなり、それぞれのタネのうまみを引き出し、いい仕事をしてくれます。量はだしに対して1割弱が目安。しっかり煮切ってください。

【その三 つゆの黄金比は7:1:1】

 つゆの比率は、だし:みりん:薄口しょうゆ=7:1:1。やや薄く感じたら、あとは好みでしょうゆや塩、顆粒だしなどを足して調整してください。

【その四 肉はスジよりウィンナを】

 牛スジを柔らかくおいしく煮るのは、時間もかかるし、難しい。でしたら、肉のうまみが簡単に出る粗びきのウィンナソーセージを入れてください。肉のうまみが詰まった、皮つきのものがおすすめです。

【その五 味を決めるしょうが天】

 店では使いませんが、家庭のおでんにはぜひ入れてほしい。しょうが天が加わるだけで不思議とおでんの香りが立つ。最近はスーパーであまり見かけないですが、練り物店などには必ずありますよ。

【その六 練り物は食べる20分前に入れよ】

 練り物から出る甘みはおでんの味を深くします。うまみは練り物の表面から出るので、煮る時間は20分ほどで充分。煮すぎると練り物自体のうまみがつゆに流れ出てしまい、薄くなります。

【その七 はんぺんはのせて温めればよし】

 はんぺんは煮込むとふくれた後、ぺちゃんこにしぼんでしまいます。ふわふわの食感を味わうには、食べる直前に鍋に加え、ひと皿目を食べている間に温めるくらいがちょうどいいんです。

撮影■今清水隆宏

※女性セブン2015年11月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
愛知おでん名店 絶品大根は八丁味噌つゆで煮込み1人1個まで
新垣隆さん絶賛の取り寄せ 絶品ソーキそばと甘み際立つ醤油
専門家がジャッジするいちばん美味しいみそ味袋めんは何?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP