ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界での共通認識「英語力は必須だ!」− 各国で取り組む英語改革

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: EF Education First「EF EPI 2014」

留学・語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関 EFが昨年11月に発表した国別英語能力指数「EF EPI 2014」の結果では、日本の英語力は26位。グローバル化が加速する中、今の日本の英語力では、もしかすると、現在のGDP3位といった立ち位置から後退する可能性も出てきています。

日本の英語力アップは急務といっても過言はないでしょう。ただ、その考えは世界でも同じ。多くの国で、英語力向上は課題の一つとなっており、様々な政策が打たれているようです。そこで今回は、冒頭にも触れた「EF EPI 2014」のレポートより、世界各国の英語学習への取り組みについて紹介します。

スペイン:学校で過ごす3割の時間は英語で

最も英語力の高い地域であるヨーロッパの中で、とくに面白い取り組みをしているのがスペイン。スペインは1995年以降、一部の地域の公立学校に対し、学校で過ごす3割の時間を英語で過ごすといった政策を始め、2015年現在では、マドリードにある公立学校の半数までその数を広げています。その政策もあってか、スペインの英語力は世界20位と日本よりも高いランキングとなっています。英語を普段から慣れ親しむ環境づくりは日本も取り入れるべきかもしれませんね。

Photo credit: Keita「寒がり必見!冬のヨーロッパでも楽しめる!!

ドミニカ共和国:海外修士号プログラムを政府が全額負担

中南米諸国の中で英語力が伸びている国の一つがドミニカ共和国です。ドミニカ共和国の最大の貿易相手はアメリカということもあり、国内には、英語のコールセンターが100箇所以上もあるほど。ドミニカ政府にとって英語教育は必要不可欠な状態なのです。そのため、ドミニカ政府は、海外修士号プログラムに参加した2,065人全員の奨学金を全額負担しました(2013年実施)。海外修士号を持つ人材が増えることは、英語力だけでなく、英語圏の国々と強い学術的なつながりが築けるということ。今後、ドミニカ共和国が様々な場面で活躍することを匂わせています。

ベトナム:国を挙げて宣言「外国語はベトナムの大きな武器になる」

Photo credit: Mariko「喧噪、熱気、でも可愛い。全てが混じり合うカオスな街・ハノイ

日本や韓国の英語力が伸び悩む中、アジア地域の中で英語力が向上し続けているのがベトナムです。2008年、ベトナム政府が可決したDecision 1400では、2020年までに「外国語はベトナム国民にとって発展の大きな武器となるだろう」と宣言するほど、英語習得には力を入れています。ベトナム政府は2008年から2020年の期間、言語学習に4.5億米ドルを投入する予定で、その額の85%は「教師」のトレーニングに割り当てられています。指導レベルを上げることで、より早く効率的に言語が習得できるといった考えでしょう。

「EF EPI 2015」は、どうなる? 気になる日本の英語力

日本のランキングが26位。これは、あくまで「EF EPI 2014」。つまり2013年のデータです。社内公用語が英語になる企業が増えたり、オンライン英会話が普及したり、さらに、外国人渡航者が増えた環境も手伝い、日本人の英語への意識は確かに高まっています。2015年11月頃に発表となる「EF EPI 2015」。果たして、日本の英語力は上がっているのでしょうか? ぜひとも注目していただきたいです。

ライター:Satoshi Hirao at EF Education First。留学、語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、EF Education First(EF)にてマーケティングを担当。EFのミッションである「Opening the world through education」を掲げ、留学の魅力を世の中に発信し続ける。
Photo by: Keita「寒がり必見!冬のヨーロッパでも楽しめる!!

関連旅行記はこちら

*Mariko「喧噪、熱気、でも可愛い。全てが混じり合うカオスな街・ハノイ

*Keita「寒がり必見!冬のヨーロッパでも楽しめる!!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP