ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人の監督 松井秀喜氏が誘いを断った理由を広岡達郎氏解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 辞任した読売巨人軍の原辰徳監督の後任として、江川卓氏などの名前があがったものの、結局は今シーズンを現役選手として過ごした高橋由伸に白羽の矢が立った。

 実は、読売側が熱望してやまなかったのは、松井秀喜氏の巨人監督としての復帰だった。だが、松井氏は今年の3月にNYヤンキースのGM特別アドバイザーに就任。巨人に戻ってくる気配はまだない。

「なぜ松井が巨人の誘いを断わって戻ってこないのか、わかりますか」

 巨人OBの広岡達朗氏が語る。

「アメリカには指導者の勉強ができるシステムがあるからですよ。まずはそこでしっかり勉強してから帰ってくるつもりなのでしょう。彼は立派です。客寄せのため、スーパースターを監督にしようとする日本の流れには安易には乗らない」

 チーム事情に翻弄され、本意ではないままに監督候補に祭り上げられた高橋の前途には、様々な課題が待っている。広岡氏が続ける。

「はっきりいいますが、現状の彼に巨人の監督の資格はない。何億円ももらっておきながらあそこが痛い、ここが痛いとロクに練習もしないサボり魔ですからね。選手もそんな姿をよく知っている。だからまずは自分の態度を改めることから始めるべき。そして謙虚に指導者の勉強をしなさい」

 もう1人の重鎮OB、400勝投手の金田正一氏もこう語る。

「今の巨人の戦力では誰がやっても勝てんよ。チーム全体のタガが緩んでいるからね。徹底的に見直す時期なんです。川上(哲治)さん、長嶋(茂雄)、王(貞治)、そして原と、巨人はチームそのものが監督を育てていくチームだったが、今ではそんな余裕もなくなっている。大変だろうが一から出直すつもりでやらなきゃいかん」

※週刊ポスト2015年11月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松井秀喜狂騒曲で巨人キャンプへのスコアラー視察は阪神のみ
巨人化進む横浜 「今季の巨人戦もっと数字伸ばせる」と選手
「巨人松井秀喜監督」で入閣確実とされる「意外な名前」とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP