ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

発症まで約20年のアルツハイマー型認知症 40代から予防必要

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今から10年後の2025年には、約700万人が認知症になるという推計を今年1月、厚生労働省が発表した。これは現状の約1.5倍。実に、65才以上の5人に1人が該当することになる。

 認知症というのは、脳の神経細胞が侵され、判断能力などに障害が起こり、通常の社会生活ができなくなった状態のこと。

「発症には生活習慣とのかかわりが大きく、脳のメタボというのが現在の考え方です」と言うのは神経内科医の米山公啓さん(以下、「」内同)。

 残念ながら、現段階で「これさえ気をつければ認知症にならない」という特効薬的方法は発見されていないが、世界中で認知症の発症リスクに関する研究が行われ、さまざまな効果が発表されている。

「認知症の中で、6割以上を占める『アルツハイマー型』は発症するまでに約20年かかるといわれています。年齢的に発症リスクが高まるのは60代。要するに、その20年前にあたる40代から、認知症予防をした方がいいんです。

 認知症は、発症した本人がつらいだけでなく、それを支える家族にも大きな負担をかけるもの。愛する家族に迷惑をかけないためにも、今から認知症予防に努めましょう」

※女性セブン2015年11月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1種類しかなかったアルツハイマー治療薬に2種類の新薬登場
根本的治療がない認知症 手術で治るタイプもあることが判明
アルツハイマー アポE4遺伝子持つ人は罹患リスクが3~8倍に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP