ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北島三郎の馬「キタサンブラック」が菊花賞を制覇! 悲願達成に「まつり」を披露

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

25日に京都競馬場で行われた「第76回菊花賞」で、北島三郎が所有するキタサンブラックが優勝した。

悲願のG1制覇

北島三郎は競走馬を所有し、これまでに「キタサン」と名を付けた馬を数多く出走させてきた。しかし、JRAのG1は勝ったことがなく、G1制覇は同氏の「悲願」となっていた。

そんな北島の夢を叶えたのがキタサンブラックで、今回のレースでは最後の直線に入り狭いスペースから抜け出し、一気にスピードを上げ先頭に立ち、そのままゴールイン。見事な末脚で菊花賞を制した。

レース後に「まつり」を熱唱

念願のG1制覇にご満悦の北島は、騎手インタビューの後お立ち台に上がりファンの前に姿を見せ、「泣きました。ありがとうございました」と挨拶。そして「まつりだ、まつりだ、キタサンまつり~」と拳をきかせた歌声を披露し大観衆を沸かせた。

この異例の熱唱は、予てから「G1を制覇したら歌を歌う」と公言していたことから行われたもので、「歌うのは失礼とも思いますが、嬉しいので競馬を愛してくださるファンに感謝を込めて」と前置きして歌われた。

今後も期待

キタサンブラックは今後もG1を制す可能性もある。その度に北島三郎が持ち歌を歌うのかは不明だが、「キタサンブラックG1制覇→熱唱」が名物になるかもしれない。

出典:北島三郎事務所

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: toshiharu sato) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP