ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バナナの皮、意外すぎる10の使い道。歯が真っ白になる!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

突然ですが、バナナを食べ終わった後の“皮”をどうしてますか?もし捨てているというなら、もったいない!
I Heart Intelligence」では、バナナの皮が持つ10の効果が掲載されています。どうやら、知られざる力が隠されているようです。

01.
虫刺されのかゆみを
軽減してくれる

これはまだ、科学的には証明されていないこと。ですが、バナナの皮に含まれている多糖には、鎮痛効果があると言われています。実際、地域によっては、蚊に刺された箇所に塗ることもあるそう。

02.
お気に入りの革靴を
ピカピカにしてくれる

バナナの皮に含まれているカリウムが、靴をピカピカにしてくれるのだとか。これからは、市販の靴磨きを買う必要はないかも!?

03.
青アザに効く!?

青アザができた皮膚のところに、バナナの皮をすり込む。するとアザが消える…とまではいかなくても、ある程度の効果が期待できるそう。

04.
歯をホワイトニング

歯ブラシをする前に数分間、バナナの皮で歯を磨く。これを毎日1ヶ月続けると、真っ白い歯を手に入れることができるかもしれません。
実は、バナナの皮に付着するミネラルが、歯垢やステインを落とすのに効き目があると言われているのです。一度、騙されたと思って試してみては?

05.
一緒に焼くと
お肉が柔らかくなる

お肉を焼く時は、フライパンの中に一緒に入れるべきかもしれません。というのも、バナナの皮がもつ酵素がタンパク質に作用して、お肉をやわらかくしてくれるようです。

06.
発疹をおさえてくれる

バナナの皮に含まれているアストリンゼンが、発疹や皮膚のかゆみをおさえると言われています。

07.
額にこすると
頭痛が和らぐ?

プラシーボ効果では?とも言われていますが、額をバナナの皮でこすると頭痛が消えるという噂も…。もちろん、科学的には証明されていません。

08.
革靴だけじゃない
革製品全般の手入れにも◎

先ほど紹介した革靴だけでなく、ソファーやバッグなどの革製品にもその力を発揮するそう。これでレザーワックスの節約になりますね。

09.
とげ抜きとしても活躍

とげが刺さってしまった箇所に、バナナの皮を30分〜1時間ほど貼って放置。すると酵素の効果で皮膚が柔らかくなり、自然にとげが出てくるのだとか。

10.
手に付いたインクを落とす

時間が経つにつれて、手に付いたインクって落ちにくくなりますよね。そんな時は、バナナの皮でこすってみましょう。
天然のオイルが、肌についたインクを浮かしてくれると言われています。こすった後は、水で流すことを忘れずに。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence

関連記事リンク(外部サイト)

バナナの皮で「歯が白くなる」!?自宅でできる簡単ホワイトニング法
カウンセラーが教える、睡眠前にやるべき「6つの行動」
仕事がデキる人は、決して言わない「11の言葉」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP