ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人監督「万年候補」江川卓氏が語っていた監督就任への思い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 計12年間監督を務め、リーグ優勝7回、3度の日本一に輝いた巨人の原辰徳監督が今季限りで退任した。2006年からの第二次政権は10年間続いたこともあり、「新陳代謝が必要」と述べた。“ジャイアンツ愛”を持つ原監督らしい、巨人を第一に考えた理由だった。今季はリーグ最低のチーム打率ながら、2位に踏み止まったことからもわかるように、原監督は効果的なタクトを振るってきたといえるだろう。

 その名将・原監督の後任は、高橋由伸外野手兼打撃コーチとなった。結局、“万年候補”といわれ続けた球団OB・江川卓氏(60)の巨人監督就任はまたも流れたのだった。

 19日の日刊スポーツによれば、江川氏は18日、報道陣に「(球団から)連絡は来ていません」と語りながらも、「新聞に書かれることも、ありがたいことですけど。もしそういうこと(球団からの連絡)があれば、ちゃんと対応します」と監督就任へ満更でもない様子が窺えていた。

 YAHOO! JAPANの『巨人・原監督が退任。後任には誰がふさわしい?』という意識調査では、高橋由伸への監督要請が明らかになったにもかかわらず、22日の時点で江川卓氏がトップ。由伸とは3倍近い大差をつけていた。自他ともに監督の器として認めていた形だったといえよう。

 江川氏は、過去の著作で“みずからの監督就任”について、どう語っていたのだろうか。引退から約1年経った1988年9月に発売された『たかが江川、されど江川』のエピローグで、こう綴っている。

〈将来、グラウンドにもどる気はないのか、と問われることがある。少なくとも現在、僕は、答える言葉を持っていない。それは、いつの日か、もしそのような声をかけていただくことがあれば、その時真剣に考えればよいことであろう。〉(同書より。以下〈〉内同)

 監督への夢は言及していないが、〈話がきたら考える〉という姿勢は昔も今も変わらないようだ。

 2010年4月に発売された『巨人-阪神論』(掛布雅之氏との共著)では、「指導者として、巨人のユニフォームにこだわりはあるか?」と聞かれ、こう答えている。

〈これが年齢的に最後かなと思った時には経験のない巨人以外のチームのユニフォームを着ることもあるかもしれませんからね。〉

 裏を返せば、巨人からのオファーが理想だと考えていたことがうかがえる。さらに、ユニフォームを着ることへの意欲を聞かれ、こう答えている。

〈タイミングだと思っているんですよね。タイミングという言葉が、いいのか悪いのか分からないけど、本当にそうなんですよね。その時が来て自分がやれる環境ならば、お願いするというか、お受けするということになるんだと思うんですよ。(中略)「あったら、その時に考えるしかない」という答えしかないですね。〉
 
 引退以来、江川氏の考えは一貫している。一部では、巨人監督就任について「交渉が難航している」と報じられていた。野球担当記者はこう話す。

「いずれにしても、60歳の江川氏にとって、今が巨人監督への最後のチャンスだった。プロ入り時は遠回りして最終的に巨人に入れましたが、監督になるときのチーム状態や入閣するコーチの条件など理想を追っていたら、いつまで経ってもなれないでしょう」

 結局、「江川卓監督」の“万年候補”状態は続く結果となった。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人のエース・江川卓に引退決意させた後輩のサヨナラ本塁打
渡邉恒雄氏 盟友との約束「江川卓監督」を今年こそ果たすか
江川ヘッド案 原監督が提案したのは自分の地位脅かさぬから

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP