ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性が「この子とはもう飲みたくないな」と思う、意外なポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男女が参加するような飲み会で、泥酔したり毒舌を吐いたり泣き出したり……、そそうをしてしまう女子がいます。
なかでも、酔ってくるとベタベタと男性にボディタッチをはじめて、あからさまに「誘ってる?」と思うような行動をする子がいますよね。
ひとりくらい頭に浮かびましたか? 「あの子だわ」と思ったあなた。
男性が「この子とはもう飲みたくないな」と思うのは、じつはそう思っているあなたのほうなんです!

酒量コントロールが完璧

酔って迷惑をかけたら嫌われると思って、たいていの女性はセーブしてお酒を飲みます。
しかし男性は、「女性の酔った姿を見たい」という願望を持っているのです。
ろれつが回らない、もたれかかってくるなど、女性が思っている「ちょっとダメな女」くらいがベスト。
むしろ、酒量コントロールばっちりで、酔っている子を冷静に見ているような女性は、冷たい、ノリが悪い、隙がないなど、今後一緒に飲む楽しみがないと判断されてしまいます。

タイムキーパーをする

会社の飲み会など、早く切り上げたい集まりの場合は重宝される仕切り屋タイプ。
しかし、合コンのような出会いが目的にある飲み会の場合は、テキパキと仕切るのはNGなのです。
気が利いているアピールになりそうですが、タイムキーパーのように「あと5分で出ましょう」「二次会は○○に予約入れました」と決められては、口説く雰囲気にもなれないし、ほかに口説きたい子がいる場合にも迷惑と思われてしまいます。
男性は、あわよくばふたりきりで飲み直したいなど、現時点の予定は立っていなけれど「雰囲気で」という選択肢を残しておいてほしいと思っているのです。

話せていない男性を盛り上げる

「この人うまく溶け込んでないな〜」「さっきからほとんど話してないな〜」と気づいたとき。さりげなく会話に誘導してあげられる女性は人気が出ます。
しかし、「○○くんがおもしろい話をします!」「オチは〜?」「からの〜」など、ムチャぶりで盛り上げるやりかたは注意。
その場は盛り上がって、うまく会話に参加させてあげたように見えますが、男性は、この手のいじられかたが苦手な人がほとんど。
困るどころか、嫌いな人認定されかねません。

あとからのフォロー次第で好印象に

お酒の席で男性は、「初対面なのに一気に仲よくなれる」効果を期待しているので、気が利くことや、冷静でいることがすべてではありません。
もしそそうをしてしまっても「いつもは大丈夫なのに、楽しくてつい」と言えば、男性は「自分の前だけなんだ」と思ってむしろ好印象に持っていけます。
自分のイメージに固執せず、周りの世話も焼きすぎず、せっかくの出会いを肩の力を抜いて楽しみましょう。
image via Shutterstock
(ブリトニー安江)


(グリッティ)記事関連リンク
いい感じの男性ができたら、つきあう直前にしてはいけないこと
ディープな世界を堪能! お酒好きの彼がよろこぶ「野毛」デートを計画しよう
彼の視線は彼女に釘づけ……「ハロウィン焼きもち」を克服するたったひとつの心得

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP