ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仲間は本当に必要? 蛭子能収「ひとり」の必要性語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE日曜夕方の番組「VINTAGE GARAGE」(ナビゲーター:ロバート・ハリス)。10月25日のオンエアでは、タレントで漫画家の蛭子能収さんが登場します。

独特のキャラクターでお馴染みの蛭子さん。32歳で会社員を辞め、68歳の現在も漫画家として活躍されています。番組ではまず、漫画家になったきっかけから伺います。『月刊漫画ガロ』の「ねじ式」に影響を受けた蛭子さんの、「夢を漫画にする」技法とは何なのでしょう。

漫画家としてデビューした後、タレントとしてテレビ出演することになった蛭子さん。バラエティー番組「スーパーJOCKEY」の「熱湯コマーシャル」に何度も出演することになります。熱湯風呂に入れさせられ、悶え苦しむ姿をお茶の間にさらすことを当時は、「嫌だな」と思っていたそうですが、「ギャラが良かった」という理由で出演していたとか。その驚きの報酬とは?

また、蛭子さんはアシスタントを雇わず、一人で漫画を描くそう。そんな蛭子さんが昨年発表したエッセイ『ひとりぼっちを笑うな』がベストセラーになりましたが、蛭子さんが考える「ひとり」でいることの必要性を明かします。思わずクスッを笑えるエピソードから、考えさせる真面目な話まで、自由人・蛭子能収さんの頭の中を覗ける今回のオンエア、必聴ですよ!

【関連サイト】
「VINTAGE GARAGE」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/vintagegarage/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP