ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ツイッターの本音 ~IHD~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『IHD』とは「いかにも・ハイスペックな・男性」のこと。株式会社キャリアデザインセンターが働く女性208人を対象に「年収が高そうな男性営業マンをどう思うか」についてアンケートを取ったところ、「憧れる」と回答したのは65%という結果だった。正直、微妙な支持率である。『IHD』は何故モテモテにならないのだろうか?

イケメンで身長180センチ以上。金持ちで仕事もできて、誰にでも優しい。こんな非の打ち所がない超ハイスペックな男は案外、モテない(笑) 心理学のとある実験によると、完璧すぎる人は『人間味がない』とされ、少し抜けているところがある方が親しみを感じる女が多いのだ。

相手があまりにも完璧過ぎるとリラックスできないのだろう。これは男性にも女性にも言えること。

IHD(いかにも・ハイスペックな・男性)が、(いみじく・鼻につく・男性)にもなり得るそうで、優秀な男子の皆さん気をつけてね。

自分のスペックを鼻にかけていると、嫌な『IHD』に変質してしまうらしい。『SHD』(さりげなく・ハイスペックな・男性)ならきっとモテるに違いない。

IHDって何wwwって思ったら、DOSとかマダオと一緒な感じだったw

「DOS」にはコンピュータ用語・音楽ユニットの名前など複数の意味があるが、ここでは漫画『SKET DANCE』の「ドブで・溺れて・死ね」の意味で使われているものと思われる。「マダオ」は漫画『銀魂』の「まるで・ダメな・オッさん」。『IHD』も随分ひどい略語と並べられたものである。

太陽が見ている(かもしれないから)一巻買って読んだ。楡いいな…。いくえみ男子は、いかにも漫画にありがちなハイスペックなキャラではなくて、そこら辺にごろごろ居そうだけど意外といない。細かい仕草とか、繊細な感じが絶妙なんだよな…

『IHD』より『いくえみ男子』に軍配が上がった。しかし『いくえみ男子』も別な意味で十分過ぎるほど「ハイスペック」である。

結婚した途端、結婚最高!になった友達が私のことを心配して、いきなりハイスペックな男性を紹介してくれたけど、そんなことよりも、帰り道にコンビニで抜刀先行上映会のチケット代払って、ドラマCDのために花とゆめゲトして帰る私のウキウキ感はハンパないんだぜ?幸せは人それぞれなんだよ?

高身長・高学歴・高収入といったスペックを重視する女性もいれば、親しみやすさに重きを置く女性もいる。そもそも恋愛より趣味が大事という女性もいる。ハイスペックな男性ならどんな女性もよりどりみどりというわけにはいかないようだ。

最後に、現在パートナーのいない男性諸氏に申し上げる。『IHD』は「意外とモテない」だけであって「まったくモテない」わけではない。65%という支持率をもう一度よく見てほしい。『IHD』は「モテない」と勘違いして、自分のスペックを高める努力を怠ると、「依然として・不幸な・男性」の檻から抜け出すことはできないだろう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP