ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

何気ない日常に「メッセージ」で気づきを与えるアーティスト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰もが目にしているはずなんだけど、見過ごしてしまうような街の風景。それをアート作品に昇華させるMichel Pederson氏。2013年から、このインスタレーション活動を開始しました。ちょっとしたイタズラとも思えるような、彼のユーモアある作品が、じわじわと心の芯に刺さってきませんか?

01.
どうか、そっとしておいて。

02.
これが、唯一の脱出方法

逃げ道を確保するには…地球の反対側に向かって、とにかく穴を掘ること。必要なもの。①シャベル②強靭な筋力③十分な水と食料④友達、家族、Wi-Fiから、長期間離れることができる意思⑤そして、決意。

03.
呼吸測定器

もしも、過呼吸気味に感じているのなら、この時計の針をよく見ながら、吸って吐いてのペースを合わせてごらん。呼吸がゆっくりになるまで続けること。楽なリズムになったら、ここを離れても大丈夫。

04.
ここで待ってて!

もうすぐ、未来のあなたが会いにやってくる。それまで、じっとここで待ってて。

05.
シーッ、ここにいるって
誰にも言わないでよ

06.
電線の上に引っかかった
スニーカー

頭上の電線にぶら下がったシューズは、13歳の少年がうんざりして放り投げた結果、1989年の11月12日以来、ここにひっかかったままになっています。あるじを失った孤独なシューズは、どんな天候にもめげずにここに留まり続け、現在、電線にぶら下がった世界最長記録を保持しています。

07.
出口はこちらでーす

08.
この場所での
気まずい沈黙の歴史

このベンチにおける気まずい沈黙の最長記録は、2011年5月4日ここに座った3人の友達(ハンナ、クリス、エイダン)によって記録されている。クリスが昔話を持ち出したとき、エイダンは彼が話を自分のいいようにすり替えていると指摘した。ヒートする二人のやりとりを聞いていたハンナは、彼らに「誰だって遠い昔の記憶は曖昧」と、仲裁に入ったものの功を奏せず。4分32秒の沈黙をもたらした。

09.
天気の話なんて、
聞きたくもないよ

 10.
主人の帰りを
じっと待つアームチェア

2015年2月3日、仕事で失敗を犯したマーティン・ヒルは、肩を落として自宅に戻ってきた。そのままこの椅子に深く腰掛け、その夜、忽然と姿を消した。心配した家族は、議論の末このアームチェアを外に出すことに決めた。新鮮な空気にあて、日々の喧騒のなかにさらすことで、もしかしたら彼が戻ってくるかもしれないと願ってのことだ。みなさん、腰掛けないでくれてありがとう。

11.
隠すことなんてできないのさ

「都市に暮らしていると、あまりのスピードに私たちは、ほとんどのものを目の隅に捉えただけで見た気になってしまう。だけどそれは、真実を見過ごしてしまっているということなのです」

誰も気づかないものに気づきを与える。自身の作品のコンセプトを「The Atlantic」に語るPederson氏の言葉を、最後にご紹介しました。

Reference :The Atlantic
Licensed material used with permission by Michel Pederson

関連記事リンク(外部サイト)

スゴい「鉛筆削り」アート!芯だけでなく、全体を削った作品も
使われなくなった「鍵」が、命を吹き返した瞬間
流れる水をデザインした「水道」が、オシャレすぎる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP