ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

他人の人生をなぞらず、自分だけの人生を切り開くためにやるべき「10のこと」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ジョン・キム

作家

作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。『社会人版キムゼミ』を主宰しながら、元音楽プロデューサー四角大輔氏と今年3月に開設したオンラインサロン『Life is Art』が人気を呼んでいる: life-is-art.jp/

人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。

本質とはいつもシンプルなもの。他人の人生をなぞるのではなく、自分だけの人生を切り開くために、やるべきことをやろう。

01.
一番高い山ではなく、
自分の山を登ろう

人生で登る山は、高さで選ぶのではなく、その山の頂上から眺めたときの景色で選ぼう。

02.
足跡の多い道ではなく、
自分の道を歩こう

前例がないからやらないのではなく、前例がないからこそやる精神を持とう。前例があるならやらないくらいの自己への信頼があった方がよい。我々は前に生きた人の人生をなぞるために生まれてきたんじゃないのだ。

03.
群れから離れよう。
野良猫になろう

群れの中は楽だが、従属する人生に陥る。群れから離れることで、人間は自分の存在意義を考え、自立した自分を構築するようになり、独立した人生を送ることを可能にする。

04.
次の角まで全力で走ろう。
その先は考えなくてよい

20代の頃は、見えない先のことを怖れ過ぎて、身動きが取れないときがある。そういうときは、くよくよ悩むより、いま目の前に見える角まで、全力で走るだけに集中せよ。

05.
愚かな一貫性より、
賢明な柔軟性を持とう

間違っていることに気づいているのに続けるのは、愚かさ以外なにものでもない。自分のメンツよりも自分の成長を大事にするなら、格好悪くても軌道修正する勇気を持つことだ。

06.
一人旅をせよ

旅は自分との対話の時間。旅は自己省察の時間。自分の中にある大切なものに気づくために我々は遠く旅に出るのだ。

07.
周りに耳を傾けるが、
最終的には、自分で決めよう

決断に直面したとき、心は揺れ動く。誰かに決断を委ねたくなるものだ。しかし、人生の決断は自分でしなければならない。それはその決断がもたらす全責任を自分で負うということである。

08.
長期計画は不要。
今日一日のことだけを考えよう

若いときは、どうしても長期の計画を立てたくなる。目の前の不安が解消される気分になるからだ。しかし、逃げてはならない。重要なのは、昨日でも明日でもなく、今日だけ。昨日も明日も必ず今日を通るのだ。

09.
ダラダラするときも
決意してダラダラせよ

なんとなく過ごさない。常に集中する必要はない。常に一生懸命である必要はない。しかし、時間の使い方においては、必ず自分の意思を介在させることだ。時間は命の欠片である。

10.
お金は目に
見えないものに使おう

お金は自分の経験に使うこと。人生の思い出を作るところに使うこと。大切なものはいつだって目には見えないものだから。大事なのは、機械的な記録ではなく、心に刻む記憶なのである。

関連記事リンク(外部サイト)

社会とうまくやっていくための「8つの考え方」
死ぬまで成長し続けるために、必要な「10のマインド」
ビジネスパーソンが知っておきたい「6つの読書術」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP