体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

他人の人生をなぞらず、自分だけの人生を切り開くためにやるべき「10のこと」

10habits-to-success-1038x576 ジョンキム

ジョン・キム

作家

作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。『社会人版キムゼミ』を主宰しながら、元音楽プロデューサー四角大輔氏と今年3月に開設したオンラインサロン『Life is Art』が人気を呼んでいる: life-is-art.jp/

人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。

本質とはいつもシンプルなもの。他人の人生をなぞるのではなく、自分だけの人生を切り開くために、やるべきことをやろう。

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

01.
一番高い山ではなく、
自分の山を登ろう

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

人生で登る山は、高さで選ぶのではなく、その山の頂上から眺めたときの景色で選ぼう。

02.
足跡の多い道ではなく、
自分の道を歩こう

前例がないからやらないのではなく、前例がないからこそやる精神を持とう。前例があるならやらないくらいの自己への信頼があった方がよい。我々は前に生きた人の人生をなぞるために生まれてきたんじゃないのだ。

03.
群れから離れよう。
野良猫になろう

群れの中は楽だが、従属する人生に陥る。群れから離れることで、人間は自分の存在意義を考え、自立した自分を構築するようになり、独立した人生を送ることを可能にする。

04.
次の角まで全力で走ろう。
その先は考えなくてよい

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

20代の頃は、見えない先のことを怖れ過ぎて、身動きが取れないときがある。そういうときは、くよくよ悩むより、いま目の前に見える角まで、全力で走るだけに集中せよ。

05.
愚かな一貫性より、
賢明な柔軟性を持とう

間違っていることに気づいているのに続けるのは、愚かさ以外なにものでもない。自分のメンツよりも自分の成長を大事にするなら、格好悪くても軌道修正する勇気を持つことだ。

06.
一人旅をせよ

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy