ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高橋尚成 先発へのこだわり捨てられず人生最大の後悔をした

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 巨人のエース、そしてメジャーリーグでも活躍した横浜DeNAベイスターズの高橋尚成投手(40)は、2015年を最後に現役生活を退いた。プロ野球人生を振り返ると、大きな喜びとともに後悔も思い出されるという。それは、2010年、FA宣言をし、巨人からニューヨーク・メッツへ移籍してからのことだった。

 当初は屈辱のマイナー契約だったがオープン戦での活躍が認められ、開幕直前にメジャー昇格を勝ち取ると、メッツでは25年ぶりとなる新人2桁勝利をマーク。しかし、活躍は長くは続かなかった。プロ野球人生最大の後悔もまた海の向こうだった。

「メッツからエンゼルスへ移籍する際、先発ではなくリリーフという契約でした。しかし、先発へのこだわりをどうしても捨てられなかった。それが仇になったんです。ある試合で、打者1人にワンポイントリリーフすることになった。その打者を打ち取るイメージで準備していると、試合展開が変わり他のピッチャーが投げることに。結局違う打者に対して投げたけど、準備不足で抑えられませんでした」(高橋、以下「」内同)

 その後も“俺は先発の投手だ”という思いが活躍の幅を狭めた。

「その点、同級生で巨人のチームメートだった上原(浩治・レッドソックス)はしっかりと切り替え、あの活躍ぶりです。僕も彼のように気持ちをシフトできていたら、もう少し長く現役を続けられたと思う。僕は上原にはなれなかった」

 その後も移籍を繰り返し、2013年のシーズン終了後、ロッキーズを自由契約となったタイミングで引退を決意した。しかし、そこで駒大の大先輩で当時DeNAの監督だった中畑清氏に声をかけられた。

「電話で“巨人に勝つためにはお前の力が必要だ。頼むから力を貸してくれ”と言われ、鳥肌が立ちました。即答で日本復帰を決めた。それだけに勝てない日が続いたのは悔しかった」

 一旦野球人生に区切りをつけた高橋。今後はアメリカでの生活も視野に入れている。

●高橋尚成(たかはし・ひさのり)/1975年東京都生まれ。1999年に東芝からドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。2010年にニューヨーク・メッツに移籍。エンゼルス、パイレーツなどを経て、2013年に日本球界復帰。日米通算成績は429試合に登板、93勝85敗25セーブ、防御率3.82。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年10月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高橋尚成 メジャー挑戦1年目に味わった「屈辱からの生還」
巨人出身者が新天地で活躍 広島・一岡、日ハム・市川など
元スカウト 古田敦也・高橋由伸らの入団の舞台裏を暴露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP