ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高野山で瞑想体験 宇宙と自分自身が一つになるための指導も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 秋の紅葉シーズンで注目スポットのひとつが、和歌山県・高野山。空海が作り上げた真言密教の根本道場には117の寺院があり、52の宿坊で仏教体験をすることも可能だ。

 たとえば写真で紹介するのは、三宝院での阿字観(あじかん)の瞑想体験。密教の本尊・大日如来(=宇宙)と自分自身が一つになるための指導を受ける。

 三宝院は、空海の母・玉依御前が空海を慕い、高野山の麓に建てた寺を、のちに山上に移したという。ごま豆腐や、季節の食材を用いて工夫が凝らされた精進料理も(www.sanboin.com)。

撮影■永坂嘉光(写真集『空海 千二百年の輝き』著者)

※週刊ポスト2015年10月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高野山の魅力 五感をもって宇宙と繋がり心に充実感味わえる
鬼、河童、1400年前から伝わる人魚などのミイラは各地に現存
2児の母で3人目懐妊中の茶髪尼僧 「即身成仏」の意味を解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP