ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・ウィークエンド、警官への殴打で異議申し立てを行わず刑期を回避

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 R&Bシンガーのザ・ウィークエンドが、今年1月にラスベガスの警官を殴った件について異議申し立てを行わないことが明らかになった。

 TMZの報道によると、10月21日に罪状認否のためラスベガス裁判所に出廷した同シンガーは、裁判官の命令に従い刑期を回避したとのこと。ザ・ウィークエンド(本名エイベル・テスファイ)は裁判官の裁定により、アンガーマネジメント、アルコール評価、50時間の社会奉仕活動の完遂を要求され、これを故国カナダで行うことが許されるそうだ。また、負傷した警官に1,000ドル(約12万円)を支払うことにもなる。

 同シンガーは1月、ラスベガスのクロムウェル・ホテル内での口論の末に、被保護者への暴行罪で逮捕された。当時の警察のスポークスマンの話では、現場に警官が到着してケンカをやめさせようと割って入ったところ、ザ・ウィークエンドが警官の側頭部を拳で殴ったという。

関連記事リンク(外部サイト)

アデル 最新作『25』の11/20全世界同時リリース決定、グザヴィエ・ドランが手掛けた「Hello」MVが公開
アンドレア・ボチェッリ、ニューAL『シネマ~永遠の愛の物語』リリース、MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードでのパフォーマンスも決定
11月に来日公演を控えるエルトン・ジョン 2016年2月にニューALリリース決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP