ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結婚直前、彼氏が事故で脳に障がいを。彼女がとった行動とは・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的に彼を支える妻Larissaさんの愛と信念の結晶として、全米で多くの人の共感を呼びました。

結婚直前の二人に
突然の悲劇が襲う

2005年、大学生の時に初めて出会った二人。恋に落ちるまで、時間はかかりませんでした。付き合い始めて10ヶ月には、早くも結婚を約束するほどの関係に。子どもが生まれ家族となり、仲のいい友達と、いつも笑って人生を過ごしていくことを夢見ていたそうです。でも、二人はまだ学生。両家の結婚の条件は、大学を卒業するまで待つこと。来たるべき門出の日のために、Ianさんは結婚指輪を探していました。

そんな幸せいっぱいな二人に、ある日、想像もしていなかったような出来事が。Ianさんが自動車事故で脳に損傷を追ってしまったのです。一命は取りとめたものの、彼には後遺症が残りました。車椅子での生活、日々の介護が必要になるとは、夢にも思っていなかった若い二人。

「あの事故の日も、彼は指輪の資金にするため、ピッツバーグまで働きに行っていたんです」

学生時代の彼の写真を眺めながら、事故当日の思い出を語るLarissaさん。

このままま彼の回復を待ち続けるべきなのか?心には葛藤があったはずです。彼女が自分に出した答え。それは、Ianさんの実家に住み込み、彼を支え続けていくという決意でした。彼女の想いだけは、何ひとつ変わることはなかったのです。

7年越しの結婚式
そして、3年後…小さな奇跡が

話すことができなくても、Larissaさんが車椅子を押し、デートを重ねた二人。こうして2012年、友人と家族に囲まれて、二人は7年越しの結婚の日を迎えました。

それから3年、夫婦となった二人に小さな奇跡が起こりました。日に日に回復を見せるIanさんが、少しずつ会話を取り戻してきたのです。

「お互いの愛をただ信じてきただけ。だから、辛いことなんて、ほとんどなかったように思います」

事故からこれまでの日々を、たったひと言に集約させたLarissaさん。素敵なメッセージですね。

Reference:Ian & Larissa Murphy
Licensed material used with permission by Citygate Films

関連記事リンク(外部サイト)

結婚を本気で考えている男性だけが、即答できる「15の質問」
辛い遠距離恋愛にサヨナラ!男性が結婚を決意するタイミングとは?
中距離恋愛をうまく続けるコツ。会う頻度、結婚のタイミングは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP