ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エディターにも大人気! 愛媛をめいっぱい楽しむ1泊2日レポート 今治編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

二日目 今治編

風のレストラン
朝ごはんも、愛媛らしさを感じられるものが食べたいという人は、サイクリングターミナル「サンライズ糸山」内にある「風のレストラン」へ。ここでは来島海峡大橋を眺めながら(空と海と巨大な橋は絶景!)特産品をふんだんに使用した食事が楽しめる。朝の洋食メニューでは愛媛の名物みかんたまごを使用したスクランブルエッグや、3種類のパン(紅麹 黒糖 ミルク)。和食メニューでは特産物であるひじきのほかに、味噌汁の味噌も地元のものを使用。お米は愛媛県産「ヒノヒカリ」。優しい味わいが嬉しい。ドリンクバーではもちろん地元特産のみかんジュースをチョイス。



「風のレストラン」
〒794-0001 愛媛県今治市砂場町2丁目8番1号サンライズ糸山
TEL・FAX 0898-41-3324
営業時間 AM7:00~PM9:30(オーダーストップPM9:00)
定休日 無休
http://www.kazeres.net

来島海峡展望館
朝食を食べたあとは、「風のレストラン」から歩いてすぐの来島海峡展望館へ。日本三大急潮の一つとして数えられる来島海峡が一望できる人気のスポットで、手前から美しい曲線を描きながら伸びた来島海峡大橋と、多島美が織りなす絶景は愛媛に来たなら必ず見ておきたい。日本中世に活躍した海賊・村上水軍の拠点であった島や、かつてロシアのバルチック艦隊に備えて要塞が築かれた島など、歴史的エピソードを見て味わえる場所でもある。

「来島海峡展望館」
〒799-2111 愛媛県今治市小浦町2丁目5−2
TEL 0898-41-5002
営業時間 9:00〜18:00(但し12月〜2月17:00まで)
休業日 12月29日〜12月31日

サンライズ糸山~来島海峡大橋~道の駅「よしうみいきいき館」
仲間と「自分の足で」しまなみ海道からの景色を見てみたいという人には、爽快感溢れるレンタサイクルがおすすめ。レンタサイクル約500台を揃えるサイクリングターミナル「サンライズ糸山」で自転車を借り、観光客に最も人気なサイクリングロードを走る。橋の下を船が通ったり、ライトアップしている日があったりと、時間や日によって異なる景色が見ることができるのもポイントが高い。潮風を受けながら広く長い道を颯爽と走り、たまには自転車を止めて、絶景を目に焼き付けて。乗り捨てスポットも各所にあるので、事前にコースを組めば体力にあまり自信がないという人でも充分にサイクリングを楽しめる。
http://www.oideya.gr.jp/spot/area_imabari/view/itoyama.htm


来島海峡大橋のたもとに位置する道の駅「よしうみいきいき館」。ここは自転車の乗り捨てスポットでもある。そのほか、ご当地キャラのお土産を買ったり、海鮮バーベキューをすることもできる。

重点「道の駅」よしうみいきいき館
〒794-2114 愛媛県今治市吉海町名4520-2
TEL 0897-84-3710
営業時間 9:00~17:00
http://www.Imabari-shimanami.jp/ikiiki/

能島上陸&潮流クルーズ
かつて村上水軍が城塞化した島「能島」は、国の指定史跡。和田竜作『村上海賊の娘』の舞台となり、多くの観光客が訪れる人気スポットだ。今でこそ城はないものの、研究、調査により城が建っていた形跡を辿ることができるようになった。このガイド付きクルージングでは船で激しい潮流の上を走り、実際に能島に上陸できる。島には本丸や二之丸の跡地がしっかり存在。戦国時代の勇士たちが活躍した地で、その時代に思いを馳せてみるのも良い。




「よみがえる水軍ロマン 能島上陸&潮流クルーズ」
TEL 0898-35-4886 ((株)瀬戸内しまなみリーディング観光事業部)
http://www.enjoy-setouchi.jp/

能島水軍
海に囲まれたこの土地で、何といっても食べたいのが海鮮。潮流クルーズを存分に楽しんだ後は、「能島水軍」にて今治で最も漁船登録数の多い宮窪漁港の魚介を使用した海鮮バーベキューを楽しもう。甘みたっぷりで新鮮なエビ、イカ、貝類を炭火の七輪で焼いて、熱々のまま頬張れば、幸せな気持ちに。大きな鯛も1人1尾食べられるなんて豪華!

「能島水軍」
愛媛県今治市宮窪町宮窪1293-2 潮流体験船乗り場(村上水軍博物館前)
営業時間 午前11:00~午後4:00(オーダーストップ午後3:30)
休業日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
TEL 0897-86-3323
http://www.noshima.jp/suigun

大三島 Limone
空き家を再利用したというホワイトとブルーが基調の可愛らしい店構えが目印。7年前に東京から移住してきたというご夫婦が営むこのお店は、ご主人が自家栽培した無農薬柑橘を使用した、ヘルシーなリキュール(絶品!)や調味料、デザート類を展開する。そのほか、地元の人と作り上げられた手作り小物や、ご夫婦の趣味であるタイ小物まで、思わず手にとってしまうものばかり。安全で美味しい、かわいらしい品々はお土産にぴったり。


「Limone」
〒794-1404 愛媛県今治市上浦町瀬戸2342
電話番号・FAX 0897-87-2131
http://www.limone2.com
E-mail limone@limone2.com

大山祇神社
「大山祇神社」は豊かな自然に囲まれた愛媛最古の神社。村上水軍が戦勝祈願のために訪れており、代々政治の第一線で活躍する人物から海上保安庁幹部まで祈願に訪れる場所。入ってすぐの社号石に書かれた社号標(大日本総鎮守大山祇神社)は、伊藤博文によって書かれたもの。歩いていくと、古くから見えない力を引き継いできた証と言わんばかりの樹齢2600年の大楠が手水舎のわきに力強く根をおろし、訪れた人々を圧倒させる。
隣接された大山祇神社宝物館には重要文化財や国宝として指定された源頼朝・義経の太刀、鎧など数々の貴重な品々が収蔵されている。今も高貴な煌めきを持つ武具の1つ1つは、鋭気と美しさが混在した異様な佇まいをみせる。神聖なパワーを目の当たりにできる。



大山祇神社
〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦3327
http://www.ooyamazumi.net

この2日間を通して、食、自然、人、そして文化が混在した愛媛に改めて魅了された編集部一同。柑橘類や温泉、リネンなど、女子にはたまらない癒しであるとともに、パワーをもらえるスポット、アイテムが盛りだくさん。実際にビューティ効果やアートとのコラボはエディター仲間でも話題になっており、インスタグラムでも見かけていたので実際に体験できて大満足。欲張りな女性にはぜひ一度訪れてもらいたい地だ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP